ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

転職活動の服装のマナーとは?男女別のコーディネート例を紹介

2019/05/31

  • スーツのシーン別マナー

 

転職活動を成功させるには、面接で好印象を与えなければなりません。対策として質疑応答のことばかり意識しがちですが、外見も印象を左右する重要なポイントだと思います。ビジネスパーソンのたしなみとして、服装には十分に気を使いましょう。そこで今回は、転職活動に適した服装やマナーを紹介し、注意点も詳しく説明します。

 

転職活動にはスーツが定番

採用活動は企業にとってビジネスの一環であるため、転職活動をする側の服装としてはスーツスタイルが良いと思います。ただし、スーツであってもリクルートスーツは避けたほうが無難です。学生が就職活動する際の服装の定番であるため、その印象を持っている面接官からは頼りになく見えてしまう恐れがあります。転職活動の面接において重要なのは、スキルや経験があることを示すことです。そのため、基本的にはリクルートスーツではなく、勤務している様子をイメージしてもらいやすいスーツを選択しましょう。
上記のような観点で転職活動で用いるスーツを買うなら、ネイビーやグレーの系統のものをおすすめします。そのようなベーシックなスーツであれば、どの世代や性別からも悪い印象を持たれにくいからです。転職活動に臨むうえで頼もしいアイテムといえます。

 

服装自由と言われた場合のマナー

面接の案内を受けるときに、服装自由と伝えられることがあります。そう言われると、何を着ていくべきか悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。このときのポイントは企業側の意図を読み取ることです。一般的には2つのパターンがありえるので、どちらに当てはまるのか推察してみてください。1つ目は、社員が私服などのカジュアルな服装で働いており、転職希望者に対しても楽な服装で問題ないと考えているパターンです。この場合、楽な服装とはいえ、Tシャツやジーンズなど遊びにいくようなコーディネートは避けましょう。
2つ目は、私服で来させることによってセンスを見ようとしているパターンです。こちらの場合は、公式サイトや求人情報誌などで社員の服装をチェックすることがポイントになります。傾向をつかめれば、センスを良い方向に生かしやすくなるからです。

 

転職活動の服装に関する注意点

ファッションセンスが重要な評価対象となる業界や職種は限られています。希望の企業がアパレル系やクリエイティブ系でもなければ、服装に関してそれほど厳しくチェックされるわけではありません。そのため、あまり警戒する必要がない場合もありますが、いずれにせよ清潔感がない服装は良くないので気を付けましょう。清潔であることは大切なビジネスマナーの一つです。それを理解していないと判断されると、大きなマイナスになってしまいます。
クリーニングしたスーツを着用するからといって安心してはいけません。着こなしが悪いと、だらしない見た目になりますし、清潔感も損なわれるからです。たとえば、スーツの肩が合っていない人や、ワイシャツの第1ボタンが外れている人などが見受けられます。髪にくしが通っていないなど細かな要素が重なって、全体的に不潔な印象になってしまうこともあるので要注意です。

 

 

面接時の服装:男性編

男性の場合、面接に来ていくスーツはオーソドックスなデザインが望ましいです。明るすぎる色や凝った柄、ダブルのスーツなどは派手に見えやすく、誠実な印象を与えられない恐れがあります。そのため、色や柄に関してはネイビーかダークグレーの無地が良いと思います。形状については、シングルボタンのテーラードスーツがおすすめです。業種などによっては派手でも許容されるケースもありますが、基本的には落ち着いた雰囲気のスーツスタイルを心がけましょう。
ネクタイも、ピンクのようなインパクトの強い色は避けなければなりません。スーツの色に合っており、明るすぎないものを選ぶ必要があります。シャツやワイシャツは、光沢と織り柄のない白無地のものを選択しましょう。しっかりとアイロンをかけて、しわが残っていないか確認することも大切です。

 

面接時の服装:女性編

女性の場合、スカートスーツとパンツスーツから選択するのが基本となっています。上着をサイズが合う無地のテーラードスーツにして、ひざ丈のタイトスカートを合わせても良いです。もしくはセミタイトのスカートでも構いません。また、ボトムに関してスカートとパンツのどちらが良いのか迷う人も見受けられます。職種を考慮して選ぶという手もありますが、一般的にはどちらのタイプでも問題はありません。ただし、スカートやパンツの種類に関しては注意が必要です。
具体的には、体の線が強調されるものやトレンド性の高いものは避ける必要があります。スカートの場合はミニスカートロングスカート、パンツの場合はワイドパンツスキニーパンツなどを候補から外しましょう。

 

新調したスーツは転職活動後にも活躍する

転職活動で着たスーツは、初出勤や取引先への挨拶などの機会にも活躍します。黒でも構いませんが、素材や形によってはリクルートスーツを連想させかねません。買う前に店員に相談してアドバイスをもらったほうが安心です。ONLYは高品質なオーダースーツをお手頃な価格で提供しています。国内縫製であり、多様なオプションを選択できることが特徴です。ECサイトもあるので、スーツや小物類を新調したい場合はアクセスしてみましょう。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH