ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

パーティーシーンの服装のルールとは?ネクタイや小物類の合わせ方

2019/05/31

  • スーツのシーン別マナー

 

パーティーに招待されたとき、服装に悩む人もいるでしょう。できればオシャレに、その場にあった雰囲気の装いにしたいと考え始めると、自分の着こなしや服装ルールなどが気になってくるものです。また、パーティーといってもいろいろなタイプがあります。ここではゲストとして招待されたときに気を付けておきたいネクタイの選び方や、服装のルールについて紹介します。

 

主役を引き立てるコーディネートをする

パーティーに招待されたら、まず主役を引き立てることを念頭におきましょう。普段は派手めのコーディネートをしていたり、個性的なファッションが好みだったりしても、パーティーでは少し浮いてしまう可能性があるので注意が必要です。服装が原因で、主役より目立ってしまうことは避けたいものです。おさえておきたいポイントは、スーツやネクタイなどの色合いです。スーツは全身を覆っているために、印象に残りやすい傾向にあります。そのため、スーツの色を少し工夫するだけで、こんなはずではという事態を避けることができるでしょう。スーツは明るい色ではなく、シックで少し抑えめの色合いを選ぶとよいです。
また、白いネクタイはフォーマルのイメージがありますが、一般的には主役の色であるため、避けたほうがよいでしょう。あくまでも、自分は招待された側だということを心に留めておく必要があります。さらに、派手めの柄が入ったネクタイなどもおすすめできません。柄物は避けて、無地のネクタイを選び、品の良い着こなしを目指しましょう。

 

おめでたい席でのルールを守る

結婚式や結婚式の二次会などをはじめとして、パーティーはおめでたい席であることがほとんどです。ときには、気のおけない友達や同じような世代が集まるカジュアルでにぎやかなパーティーもありますが、なんらかのお祝いの席であることに変わりはありません。そのため、おめでたい雰囲気に水を差してしまいかねない着こなしは避ける必要があります。
気を付けたいポイントとしては、ネクタイの色です。黒いネクタイは喪服を連想してしまうため、パーティーでの着用はよくありません。また、アニマル柄なども殺生のイメージがあるので、こちらも避けましょう。

 

 

パーティーのゲストや会場にマッチさせる

パーティーはお祝いの場所であり、種類もさまざまです。たとえば、ホテルの大広間を貸し切って行われるフォーマルなパーティーから、居酒屋やカラオケ店の個室で開かれるカジュアルなパーティーまで、場所や主催者とゲストの関係によってもコーディネートは異なるでしょう。そのため、参加予定のパーティー会場がどのような場所であるかを確認して、できればどのような人が招待されるのかをイメージしながら、その場にマッチした服装選びをすることで浮かなくて済みます。
ゲストの年齢層が高めのパーティーでは、フォーマルな装いをしている人が多いことが予想されます。その場にふさわしい装いとして、なるべくフォーマルを意識したコーディネートを心がけるとよいでしょう。ネクタイの色合いで、印象が大きく変わります。そのため、ネクタイ選びは慎重に行う必要があります。基本はシルバーグレーやシャンパンゴールドなど、華やかで多少光沢のある色合いが好まれるでしょう。スーツの色とマッチしたネクタイを選ぶことも大切です。
よりカジュアルな結婚式の二次会や、なんらかのお祝いのパーティーに参加することもあるでしょう。招待客はよく知っている同僚や古くからの知り合い、友達がほとんどというケースでは、少しカジュアル風なコーディネートを織り込んでも問題ありません。そのため、ネクタイも少し自由な選択をしても大丈夫です。たとえば、無地で明るめのピンクやブルーなどの色でも問題ないですし、派手すぎなければ小さな柄入りのネクタイを選んでもよいでしょう。あくまでも、フォーマルとカジュアルなパーティーの雰囲気を意識して、それにあわせた服装であれば、それほど心配する必要はありません。

 

パーティーのおすすめコーディネート

パーティーの装いにふさわしい、おすすめのコーディネートで気を付けたいポイントは、スーツとネクタイの組み合わせです。少しでもオシャレだと周りから思ってもらえれば、参加していて楽しくなるでしょう。定番のスーツの色はブラックです。しかし、ネクタイやシャツの色が同系色になると喪服をイメージさせるため、色合いを工夫する必要があります。ブルー系の細かいチェックが入ったシャツや、ストライプが控えめに入った黒以外の色のネクタイを選びましょう。また、ポケットチーフを使えば華やかな雰囲気になります。
ネイビーのジャケットは、初夏や暑い時期には涼し気な印象もあり、さわやかなイメージになるのでおすすめです。白色との相性も良いため、合わせやすく、すっきりとオシャレなコーディネートになるでしょう。もし、明るめの色や柄入りのシャツを選ぶのであれば、ネクタイは抑えめな色合いを選ぶようにすると全体のシルエットやバランスが良くなります。一方で、チャコールスーツは上品な大人のイメージを演出できます。温かみを感じる色なので、秋から冬にかけてのコーディネートに適しています。
オールシーズン活躍してくれるのはグレーのスーツです。また、フォーマルでも、ややカジュアルなパーティーでも無難な着こなしができるのでおすすめです。シックで大人の雰囲気を演出できますが、同系色のシャツやネクタイを選ぶと、地味な印象になる可能性があります。そのため、少し明るめな色のネクタイをアクセントにもってくるとよいでしょう。また、ストライプが入ったネクタイもおすすめです。
ネクタイはアクセントポイントなので、スーツの色にあわせて慎重に選びましょう。たとえば、ゴールドのネクタイは抑えめな色合いのスーツのアクセントになります。男性らしく都会的でスタイリッシュな雰囲気にするならネイビー、上品なイメージを目指すならワイン色などがあります。

 

おめでたいパーティーには明るい色のネクタイをしよう

パーティーでは明るい雰囲気に合う色のネクタイを選びましょう。また、スーツとのコーディネートを考える必要があります。パーティー用のネクタイを探しているのであれば、スーツとネクタイをトータルコーディネートして一式購入しておくと、突然招待されても困ることはありません。ONLYは京都発祥のものづくりの心を大切にしたお店です。居心地のよい売り場で丁寧に購入時のお手伝いをしますので、気軽に来店してみてください。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH