ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

長持ちさせたいなら!ネクタイのお手入れの方法

2019/06/04

  • スーツTips(豆知識)

 

毎日使うネクタイは、日々のお手入れに気を配るならお気に入りの一枚を長持ちさせることができます。ネクタイはデリケートな素材でできていることが多いので、まずはきちんとしたお手入れ方法について知っておきましょう。この記事では、ネクタイのお手入れ方法について知りたい人に向けて、基本のお手入れ方法とシワや汚れが付いてしまったときのお手入れ方法を解説します。

 

意外とデリケート!まずは素材を確認しよう

ネクタイのお手入れをするときには、まずは何でできているのか素材を確認する必要があります。素材によって、お手入れの適切な方法が異なるからです。ネクタイの素材は、シルク・ウール・麻・綿などの天然素材のものと、ポリエステル・アセテートなどの化学繊維素材のものの大きく2種類に分けられます。ネクタイは型崩れしやすく、プロでもきれいに仕上げるのが難しいといわれることがあります。ネクタイの裏に書かれている洗濯表示をチェックして、シルク100%やドライクリーニングオンリーの記載があるものは、自宅では洗濯できません。自宅で洗濯すると型崩れや生地の傷み、風合いの変化の原因となるため避けましょう。長く持たせるためには、自己流のお手入れは禁物です。

 

基本を押さえよう!日常のネクタイのお手入れ方法

ネクタイの日常のお手入れ方法は、ネクタイを外したらまずハンガーにかけるようにします。一日使用したネクタイには汗やほこりが付着しているため、ハンガーにかけて干してリフレッシュさせるのです。ハンガーにかけた状態のまま軽くブラッシングすれば、ほこりを落とせます。ブラッシングに使うブラシは馬毛や豚毛など柔らかい天然素材のものを選べば、生地を傷めてしまう心配はありません。ハンガーにかけて保管すると伸びてしまう恐れがあるニットタイは、平置きの状態で休ませます。どのネクタイも劣化を防ぐために連日の使用は避け、一度着用したら数日休ませるようにしましょう。保管するときは専用のネクタイハンガーを使用します。ネクタイハンガーを使わずに、くるくると丸めた状態にして保管することもできます。丸めて収納ボックスや引き出しなどに並べれば取り出しやすく、シワがつくこともありません。

 

 

シワができたときのお手入れ方法

ネクタイにシワができたときは、2~3日間吊るした状態で陰干ししましょう。吊るしておくと、ネクタイの重みで多くの場合自然にシワが取れます。もし陰干ししても取れなければ、アイロンのスチーム機能を使います。直接アイロンをネクタイに当ててプレスすると生地のテカリの原因となってしまうので、当て布をして浮かしながらかけるのがポイントです。当て布は、綿素材のハンカチなどで代用しても構いません。スチームをしたら当て布を取り、手でやさしく形を整えるようにしながらシワを伸ばしましょう。
ネクタイのシワを取るもっと簡単な方法は、ネクタイをお風呂場に吊るしておくことです。お風呂上がりの湿気の残った浴室に吊るしておけば、アイロンと同じようなスチーム効果でシワが伸ばせます。

 

汚れや汗がついてしまったときのお手入れ方法

ネクタイに汚れや汗がついてしまったときは、できるだけ早く汚れや汗を落とすことが大切です。そのままにしておくと変色や虫食い、カビなどの原因となってしまうからです。汚れがついてしまったときは、布でネクタイを軽くたたいて汚れを取りましょう。このとき、ネクタイの生地を傷めないように力を入れ過ぎないことに注意する必要があります。汗がついてしまったときは、布を水で濡らしてからゆるく絞ったものを用意します。その布で軽くたたくようにして汗ジミを落としましょう。その後、日が当たらない風通しのよい場所で干して乾かします。湿気を含んだ状態のままでは色落ちしてしまうことがあるため、最後にしっかり乾燥させることが大切です。

 

ネクタイを長持ちさせるためにできること

ネクタイを少しでも長持ちさせるために、お気に入りのネクタイには撥水スプレーを使って撥水加工をしておくことができます。撥水加工をしておけば、汗や突然の雨などで濡れてしまったときでも水分を弾いてネクタイを守ってくれます。さらに、ネクタイを季節で使い分けるようにするのも効果的です。衣類と同じように季節に合わせて衣替えをして一定期間休ませると、一年中使用する場合と比べて長持ちします。生地や風合い、色などによってネクタイをシーズンごとに分類してみましょう。
特に汚れがひどいときやシーズン後の長期保管前などは、クリーニングに出すこともできます。ネクタイの素材に合わせた方法で、気になる汚れをきちんと落としてもらえます。とはいえ、クリーニングに出しすぎるのも生地の傷みの原因となってしまうので、頻繁に出すのは避けましょう。クリーニングから返ってきたネクタイは、湿気がこもらないように包装をはがしてから保管します。

 

きちんとお手入れしながら買い替え時期も見極めよう!

ネクタイは、適切な方法で定期的にきちんとお手入れをしていれば長く使えます。とはいえ、消耗品でもあるため、へたったものや汚れがなかなか取れないものなどがあるなら、定期的に買い替えることも必要です。オンリーの店舗ではスーツだけでなくネクタイも豊富に取り扱っているので、ぜひ足を運んで新しいお気に入りの一枚を探してみましょう。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH