ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

ノンアイロンワイシャツとは?正しい扱い方を押さえよう!

2019/06/12

  • スーツTips(豆知識)

 

ノンアイロンワイシャツはその名の通り、アイロンがけをしなくてもそのまま着られるため、普段使いしやすい特徴があります。一方で、ノンアイロンワイシャツは一般的なワイシャツと違う性質を持っているので、どのように扱えばいいかわからないという人もいるでしょう。そこで、この記事ではノンアイロンワイシャツの性質や扱い方について説明します。

 

そもそもノンアイロンワイシャツって?

ノンアイロンワイシャツの特徴は、特殊な加工によってシワがつきにくいことです。一般的なワイシャツは洗濯して乾かすとシワがついてしまうので、アイロンをかけずに着るとシワが目立ってしまい、よくありません。しかし、ノンアイロンワイシャツは洗濯して乾かしてもシワがつきにくく、そのまま着ることができます。ノンアイロンワイシャツは種類によって、薬品処理や樹脂加工などの加工方法が異なりますが、いずれにしても洗濯して乾いたらすぐに着られるので便利です。
アイロンがけ不要なシャツには形態安定シャツもあります。形態安定シャツは洗濯後に脱水をあまりせずに濡れたままの状態で干すことで、シワを伸ばしつつ乾燥させる仕組みです。ただし、形態安定シャツの場合は脱水の程度や乾燥条件によってはシワが残ることがあり、アイロンをかけなくてはいけないケースもあります。それに比べて、ノンアイロンワイシャツは基本的にはアイロンがけをする必要はありません。脱水状態に少し気を付ける必要はありますが、通常の洗濯物と一緒に洗って干せばそのまま着られるのです。

 

 

ノンアイロンワイシャツの基本の洗い方

ノンアイロンワイシャツはシワがつきにくい特殊な性質をもつシャツですが、特別な洗い方をする必要はありません。まずは洗濯ネットにシャツを入れてから洗濯機に入れましょう。洗濯ネットを使う理由は、生地の傷みやボタンの引っかかりを防ぐためです。ノンアイロンシャツに限らず、シャツを洗濯するときはネットを使用したほうがそうした現象を抑えることができます。汚れをよく落とすためのポイントは、シャツを裏返しにして洗濯ネットに入れることです。裏返しにしておくと、特に汚れが目立ちがちなカフスや襟回りに対して効果的なので、試してみるとよいでしょう。カフスや襟部分の汚れが最初から気になるときは、部分洗い洗剤を使用して事前に洗っておくとよいです。
洗濯が終わった後の脱水については、あまり長時間しないことがポイントです。脱水を長時間行うと、シャツにシワがつきやすくなってしまいます。結果的にアイロンをかける必要が生じてしまうこともあるので、脱水を行う時間は15~30秒程度にしておきましょう。脱水の後はシワを伸ばしながら形を整えてハンガーにかけて陰干ししましょう。シャツ自体の重みで下方向に引っ張られてシワが伸びていき、乾くころにはアイロンをかける必要がなくなっています。

 

ノンアイロンワイシャツの頑固な汚れはどう落とす?

ノンアイロンシャツに頑固な汗のシミ汚れがついていた場合、まずは洗剤を直接つけて30分以上放置しておきましょう。洗剤をつけて放置しておくと洗剤の成分が汚れに浸透して汚れを浮かし、洗い流しやすくしてくれます。30分以上放置したら通常の洗濯をすれば、かなりキレイになるはずです。汗のシミ汚れなどを放置していると水に溶けにくい成分だけが残って、いくら洗っても汚れが落ちにくくなるので早めの対処を心がけましょう。
ワイシャツによくある汚れとしては襟の汚れもあります。襟の汚れがひどいときは、まずぬるま湯で濡らして固形石鹸を塗りこむ方法が効果的です。襟の汚れの原因は主に皮脂なので、脂を浮かす効果を持つ固形石鹸である程度キレイになります。また、ブラシを使ってこするとさらに効果的なので試してみるとよいでしょう。その他、市販の部分洗い洗剤を使用してみる方法もあります。襟や袖口といった汚れが目立つ箇所に洗剤を塗って、洗濯機で洗うだけなので簡単です。部分洗いをする手間をかけたくないという人におすすめの方法です。

 

ノンアイロンワイシャツを扱うときの注意点

ノンアイロンシャツは性質上、高温になると縮む可能性があります。ノンアイロンシャツは基本的にアイロンがけをしなくても、シワのないキレイな形態を維持してくれるのが特徴です。そのため、クリーニングに出す必要はそれほどないのですが、長く使っているとどうしてもシワが気になるというときもあるでしょう。しかし、クリーニング先で高温のアイロンをかけられる可能性がゼロではありません。もし、クリーニングに出すことがあれば、従業員に高温で縮む可能性がある旨を伝えておく必要があります。
また、高温に気を付けるというのは自宅で使用する場合も同様です。ノンアイロンシャツは基本的にアイロンがけの必要はありませんが、干し方や脱水状態によっては多少のシワが残ることもあります。そのシワを取るために自宅でアイロンをかける場合も、取り扱い表示に合わせて温度を上げ過ぎないようにすることが重要です。

 

便利なノンアイロンワイシャツを取り入れよう

ノンアイロンシャツは洗って乾かすだけですぐに着られるのでとても便利です。ONLYではスーツ以外にもノンアイロンワイシャツやたくさんのおしゃれな小物を扱っています。シャツを着る機会の多い人は、年間を通して考えるとアイロンがけにかけている時間はかなりの長さになるでしょう。便利なノンアイロンシャツを購入してアイロンの手間を少なくしてみてはいかがでしょうか。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH