ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

蝶ネクタイがキマる!シャツとの合わせ方のポイント

2018/04/05

  • スーツの着こなし・コーデ術

 

アカデミー賞の授賞式など、海外のフォーマルな場でおしゃれに着こなしている男性を目にすることの多いのが、蝶ネクタイです。この蝶ネクタイを結婚式のような華やかな舞台で上手に身に着けることができれば、周囲に遊び心があることをアピールすることができます。とはいうものの、蝶ネクタイは普通のネクタイとは違い、上手に着こなすためにはいくつかのポイントを押さえておかなければなりません。そこで今回は、蝶ネクタイを身につける際に知っておきたいマナーや、どのように合わせたらよいかといったことについて詳しく解説しましょう。

 

蝶ネクタイを使う前に知っておくべきマナー

 

蝶ネクタイは、基本的にはフォーマルな場面で着用するものです。燕尾服やタキシードに合わせるものなので、18時以降の結婚式やパーティーで身に着けます。しかし、スーツに蝶ネクタイを合わせたり、昼間のパーティで着用している人も多く見られるようになってきています。格調高いパーティーでなければそれほど気にする必要はありません。結婚式のような場所では、新郎と被るのを防ぐためスーツに合わせるといいでしょう。
フォーマルな場所で蝶ネクタイを身につける場合、色はブラック・ネイビー・シルバーが定番です。普通のネクタイの場合、結婚式のようなおめでたい場所でブラックはご法度ですが、蝶ネクタイの場合は問題ありません。むしろ、蝶ネクタイではブラックが最もフォーマルな色です。とはいうものの、真っ黒の蝶ネクタイだとまるでウェイターのようになってしまいますので、ある程度柄の入ったものにしましょう。光沢感のあるシルクやベロアがおすすめです。
ネイビーも人気です。ダークカラーのスーツにもよく合います。さまざまな濃淡のものがありますので、自分の好きなものを選びましょう。明るい色彩になればなるほどカジュアルな雰囲気になります。
シルバーやシャンパンゴールドといった華やかな色も蝶ネクタイにおすすめのカラーです。とりわけ結婚式では白のネクタイをするのは新郎なので、同系統の色としてはシルバーが無難です。
蝶ネクタイの柄はドット柄やストライプ、チェックなどがあります。ドット柄は小さいドットにした方がスーツと合わせやすいです。ストライプの場合はドット柄とは逆に、線が太めになればなるほどシャツの柄に合わせやすくなります。また、使用されている色が少ない方がシャツの色とも上手くマッチします。カジュアルな雰囲気を演出したい場合には、チェック柄を選びましょう。蝶ネクタイで個性をアピールしたいという人は、印象的な柄にするのがポイントです。ただし、結婚式の場ではアニマル柄や派手すぎる蝶ネクタイは結婚式ではあまり好まれません。主役である新郎よりも目立ってしまうことは避けることが大切です。

 

 

蝶ネクタイに合うシャツの特徴は?

蝶ネクタイを着こなす際、大きなポイントとなるのがシャツです。 まず、どんな蝶ネクタイにも合うシャツの色はホワイトです。フォーマルな場面からカジュアルな場面まで、どんな場合でも安心して着用できます。カジュアルなパーティーでは、ブルーなどの色物やチェック、ストライプといった柄物のシャツと蝶ネクタイを合わせることで遊び心を演出するのもおすすめです。
蝶ネクタイには、襟足が開いているシャツのほうが合わせやすいです。一般的には、襟の開きが75~90度のレギュラーカラーシャツが定番になります。レギュラーカラーシャツは普通のネクタイにも合わせられるなど、汎用性が高いのが特徴です。一方で、角度の開きが狭いナローカラーシャツは蝶ネクタイの形を崩してしまいやすいので、避けた方が無難です。シャツ自体はあまり定番ではありませんが、襟の開きが120~140度のスプレッドカラーも蝶ネクタイに適したシャツといえます。ただし、スプレッドカラーよりもさらに襟足が開いたゲッタウェイはあまりおすすめできません。なぜなら、蝶ネクタイが下向きになってしまうからです。形も崩れやすいので、蝶ネクタイには向いていません。通常の襟足であれば、レギュラーかスプレッドが蝶ネクタイに適した選択です。
そのほか、最も蝶ネクタイに適しているのは燕尾服やタキシードの際に着用するウイングカラーシャツです。襟先が前に折れているため、蝶ネクタイとの相性は抜群です。夜の結婚式など、格式の高いフォーマルな場面で着用しましょう。
ウイングカラーシャツはシャツの胸の部分がイカ胸、ヒダ胸、プレーンという3種類に分かれています。イカ胸は胸部分を堅い生地で縫い合わせているのが特徴です。夜の礼装用のワイシャツとして多く着用されます。ヒダ胸は胸の部分にプリーツがあしらわれたシャツです。このタイプは朝から夜までさまざまな場面で着用できます。略礼装でもかまわない場合には、普通のワイシャツと同じプレーンを選びましょう。とりわけダークスーツに蝶ネクタイを合わせる場合には、プレーンの方がおすすめです。イカ胸やヒダ胸のワイシャツはフォーマルな印象が強いので、ダークスーツに合わせると不自然な印象を与えてしまいます。

 

蝶ネクタイにはオーダーシャツをおすすめする理由

蝶ネクタイは普段使いするものではなく、特別な日に着用することが多いアイテムです。そのため、蝶ネクタイにはそれに合わせたオーダーシャツを用意するのがおすすめです。
オーダーシャツの魅力とまず挙げられるのは、自分の体にフィットしたシャツを作れることです。サイズ感が合っているのといないのとでは、周りからの見た目に大きな違いが出ます。とりわけ猫背の人や、胸板、肩幅が気になるという人はオーダーシャツがおすすめです。見た目だけでなく、自分に合ったサイズのシャツは着心地が全く異なります。
また、オーダーシャツはデザインを自由に選べることも大きなメリットです。色や柄も豊富なので、着用したい蝶ネクタイに合わせたデザインを選びましょう。生地や素材からこだわって自分だけの一枚を作ることで、蝶ネクタイの魅力をより生かすことができます。

 

シャツと蝶ネクタイの相性を考えて選ぶ

蝶ネクタイは、ポイントをしっかり押さえることでおしゃれさを周囲にアピールできます。着こなす際にはシャツと蝶ネクタイの相性を考慮しつつ、蝶ネクタイやシャツのデザインを選ぶことが大切です。いつもとは違う着こなしで、自分なりのおしゃれを楽しみましょう。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH