ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

使わなくなったネクタイは素敵にアレンジできる!意外な方法をご紹介

2019/07/26

  • スーツの着こなし・コーデ術

 

ネクタイは使っているうちに状態が悪くなったり流行が変わったりして、買い換える必要が生まれやすいアイテムです。しかし、愛用していたネクタイを捨てるのは忍びないと思う人も多いのではないでしょうか。特に、大切な人から贈られたネクタイや思い出のあるネクタイは、いつまでも手元に残しておきたいものですね。この記事では使わなくなったネクタイのアレンジ方法やリメイク術をご紹介しますので、参考にしてください。

 

ネクタイをオシャレで実用的なサロンエプロンにアレンジ

ネクタイをつなぎ合わせてサロンエプロンを作ってみましょう。サロンエプロンとは、胸当ての部分がなく腰に巻くだけの前掛け状のエプロンです。手早く身に付けることができるうえにスマートでカッコ良い雰囲気があるので、調理する男性に好まれています。
作り方は簡単。まず、使わなくなったネクタイを色合いを考えながら縦に並べ、自分の好みの長さで裁断します。続いて、それぞれのネクタイの端をつなぎ合わせて縫ったあと上部に1本のネクタイを横にして縫い付け、ウエストの周囲の結び紐にしましょう。ネクタイの先のギザギザが裾になりますから、動きがあって楽しいイメージが生まれますね。撥水加工の施されたネクタイや洗濯機で洗えるネクタイを選んで使うようにすると、オシャレなだけでなく機能性と利便性も備わった実用的なエプロンになります。

 

ネクタイで首元のオシャレを演出するスカーフにアレンジ

ネクタイを横向きにつなぎ合わせて、オシャレなスカーフを作りませんか。縦に何本かつなぎ合わせてスカーフにすると、どうしてもネクタイという印象がぬぐえないのですが、横にして使うと一見しただけではネクタイをリメイクしたとは思えない新鮮さがあります。長方形で、首に1回まわして結ぶタイプのスカーフですから、正方形のものよりも手軽で使いやすいのではないでしょうか。独得の艶のあるシルク素材のネクタイで作ると上品で、男性も女性も違和感なく使用できます。
ネクタイを裁断し横にして、好みの長さになるまでつなぎ合わせます。大きな柄、小さい柄、無地などを上手に組み合わせることで洗練されたイメージを作ることが可能です。1本のネクタイから数個のパーツを切り出すことができますから、2つか3つの柄をリズミカルに並べていくと、オリジナリティーのある印象的なデザインになります。

 

ネクタイを自分好みのストラップにアレンジ

ネクタイを一眼レフのカメラを首にかけるためのストラップとして使用するとオシャレです。ネクタイは幅が広くて丈夫なので、リメイクしたストラップとは思えないほど本格的なストラップになります。これは、ハンディタイプのビデオカメラケースなどを肩にかけるときにも使える方法です。
作り方は、ネクタイを最も使いやすい長さにカットし、その両端にカメラと接続する部分(金具がついた別布)を縫い付けるだけ。ここで最も重要なのは、ネクタイと別布の接続部をしっかりと縫い付けることです。貴重な品につなぐものだけに、使っているうちに縫い目がほどけてカメラが落ちてしまわないように何度も繰り返して縫って確実に接続させてください。使用するネクタイは1本だけですから色柄の組み合わせなどを気にする必要はありません。お気に入りのデザインのネクタイを選びましょう。こうすれば、捨てがたい愛着のあるネクタイをずっと使い続けることができます。

 

ネクタイを子供が喜ぶかわいいリボンにアレンジ

ネクタイでリボンのアクセサリーを作ると楽しいですよ。まず、作りたいリボンの横幅の約3倍の長さでネクタイを切ります。次に、切り目を中に隠すようにしてたたみ、きれいなヒダ・シワを作りながら中心部をゴムで結びましょう。そのあと、ネクタイの細い部分を切り取って結んだ部分を包み、ほどけないように裏で縫い付けます。
ネクタイの尖った部分(剣)を片方にもってくるとオシャレな雰囲気のリボンになります。リボンはヘアゴムやカチューシャに付けて髪飾りにできますし、帽子やバッグの飾りにしてもよいでしょう。アイディア次第でいろいろな工夫ができます。

 

ネクタイを素敵なベルトにさりげなくアレンジ

ネクタイをベルトの代わりにパンツやスカートのベルトループに通して前でリボン結びをしてみましょう。ウエストに華やかな結び目ができ、着こなしのアクセントになります。結び目はお好きな位置でいいのですが、お腹の中心から少しずらして結ぶとバランスがよいでしょう。ネクタイを切ったり縫ったりする必要がないため、どなたにもできる簡単なアレンジ方法です。
ベルトとして使うネクタイは、芯地の入っていない柔らかいものが結びやすくておすすめです。柄物のボトムスの場合は無地のネクタイ、ジーンズなど無地のボトムスの場合はストライプや小紋柄のネクタイを選ぶと合わせやすくファッショナブルに見えます。

 

ネクタイをアレンジして自分だけのオシャレを楽しもう!

ネクタイは本来はビジネスシーンで活躍するものですが、上手にアレンジすれば普段使いのオシャレアイテムに変身してくれます。この記事で紹介したアレンジ方法はどれも簡単で、裁縫の苦手な人でも無理なく作れるものばかりですから気軽にチャレンジしてみませんか。使わなくなったネクタイの再利用もいいのですが、流行の柄や自分好みの色柄のネクタイをお店で新たに選んでリメイクするのもおすすめです。

 

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH