ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

春らしいシャツの特徴とは?季節に合うおしゃれな1着の選び方

2019/11/20

  • スーツTips(豆知識)

 

だんだん気温の上昇し始める春には、分厚いコートを脱いでシャツ1枚など軽装で行動する機会も増えるでしょう。シャツ1枚とはいえ、素材や織り方、襟の形や機能などシャツを選ぶときのポイントはいくつかあります。春らしいメンズアイテムの選び方をお伝えするので、オシャレで自分に合ったシャツを選ぶ参考にしてください。

 

春を意識した色や柄のシャツを選びたい

春の気候は、秋と似ているものの、徐々に暖かくなりはじめ、明るい雰囲気もあります。そのため、白や淡いピンク、サックスなど明るく柔らかい春らしい色を取り入れることをおすすめします。ストライプやチェックなど柄物を着たいときには、遠目にパステルカラーのように明るく見えるものが春らしいといえるでしょう。
天気の移り変わりやすいことを表した三寒四温という言葉があるように、春は高気圧と低気圧が交互に日本の上空を通過するため、気温の変わりやすい季節ですよね。また、秋と異なり、日中と朝晩の寒暖の差が大きいのも春の特徴でしょう。秋に比べ春は太陽が出ている時間が長いので、日光によって地面が温められ気温が上昇しやすいのです。シャツ1枚で過ごす機会も増えるでしょうが、ジャケットと合わせて温度の変化に合わせましょう。また、ジャケットと合わせれば意識せずにネイビーなど濃い色も取り入れられるようになるはずです。

 

春らしいシャツの素材とは?

他の季節と変わらず、春も綿素材のシャツがおすすめです。綿は吸水性が高いため通気性がよく、また肌触りが良いため長時間着ていても不愉快に感じにくいといえます。綿素材のシャツでも織り方によってブロード(ブロードクロス)、オックスフォード、ツィル、シャンブレーなどさまざまなものがあります。シャツの定番は、ブロードやオックスフォードです。ビジネス用ならばヨコ畝を特徴とするポプリン織のブロードがおすすめで、繰り返し洗っても形が崩れにくく耐久性に優れています。
また、オックスフォードは比較的厚手で、ブロード同様表面に滑らかな光沢があります。もっとも、ブロードシャツは織り目がわかりにくいのに対して、オックスフォードは表面に凸凹とした織り目があるのがわかります。アイロンをしっかりかければオックスフォードのシャツもビジネス用として利用できますが、素材が柔らかいためカジュアルにも着こなせるのがオックスフォードシャツの魅力です。同じ素材でもTPOに合わせて織り方にまでこだわるのが良いでしょう。素材によって生地の厚さや通気性に差があるので、綿以外のシャツも持っておきたいところですよね。綿素材のほかに表面に凹凸のあるリネンも春らしさの感じられる素材です。

 

 

春のシャツにふさわしいシルエットとは?

春は、シャツを1枚で着る機会が増えるため、襟の形に着目しましょう。オフィスカジュアルの定番といえば、襟の先にボタンの付いたボタンダウンです。襟をボタンで留めておくので、ノーネクタイでも襟の崩れが起こる心配がありません。第1ボタンを外すと襟上部がロールするので、華やかな襟元を演出することもできるでしょう。また、ノーネクタイで着るなら、襟がほぼ180度に開いたホリゾンタルカラーもおすすめです。襟先を切り落としたようにみえるのでカッターウェイとも呼ばれています。ブランドによっては、ホリゾンタルカラーよりも襟の開いたものをカッターウェイと呼ぶことがあります。ネクタイ着用時でもノーネクタイ時でも着られるのがホリゾンタルカラーの魅力なので、1着は持っておきたいところです。
逆に、ネクタイ着用時には75度~90度襟の開いたレギュラーカラーがおすすめです。襟の開きが狭いので、堅実で真面目な印象となります。襟やカフス、ポケットの色や柄を身頃と違うものにしたときでもおさまりが良いデザインを選ぶようにしましょう。また、サイズ感がジャストフィットになるように体型に合わせてデザインを選ぶことをおすすめします。

 

春のシャツに欲しい機能とは?

徐々に気温の上昇する春では、綿素材でも汗をかくとしわができ、着崩れしやすくなります。汗で濡れたシャツをそのまま放置すると、シミや黄ばみの原因となります。アイロンがけの手間を考えると、形態安定加工を施したシャツが便利でしょう。形態安定加工が施されていると、洗濯後干しただけでしわが伸びるので、アイロンがけをする必要がありません。通気性や洗濯後の速乾性を高めた形態安定加工は気温の上昇する春のシャツに欲しい機能といえます。形態安定の機能を発揮させるためには、洗濯の際にのりづけをしないようにしましょう。綿100%の形態安定加工を施したシャツも販売されていますが、綿の比率が高ければ高いほど形態安定機能は弱くなるので、乾いた後の小じわが気になる場合には部分的にアイロンがけをするのが良いでしょう。

 

素材もデザインも機能性も欲張りたい

シャツ1枚で行動するからこそ、素材やデザイン、機能性などこだわり抜いたものを着て、オシャレな男性であることを演出したいところです。たくさんの素材やデザインの中から選べるONLYでお気に入りのシャツを探してみてはいかがでしょうか。通気性や洗濯後の速乾性を高めた形態安定加工は気温の上昇する春におすすめのシャツです。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH