ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

いろいろあって迷う?大人の休日を満喫するジャケットの種類

2018/03/15

  • スーツの着こなし・コーデ術

 

ジャケットというと、ビジネスシーンで着用するジャケットを連想してしまうかもしれません。しかし、ジャケットにはさまざまな種類があり、素材やデザインによって印象が大きく変わります。ビジネススーツのジャケットはフォーマルな印象になりますが、素材次第でワイルドにも変身できますし、ジャケットでリラックス感を出すことも可能です。そのため、それぞれの特徴を知ることで、休日を満喫できるジャケットを見つけることができるでしょう。そこで今回は、大人のカジュアルシーンにぴったりなジャケットの種類について紹介していきます。

 

カジュアルながらきちんと感が出るテーラードジャケット

テーラードジャケットはスーツの上着と同じ形です。スーツをカジュアルな印象にしたのがテーラードジャケットなので、大人の休日にぴったりといえます。カジュアルでありながらエレガントな雰囲気を出したいときにおすすめのアイテムです。テーラードジャケットとスーツの違いとしては「スーツには肩パットが入っている」「スーツは上下セットで売られている」「ツヤがあり薄い素材はスーツ」という点が挙げられます。ビジネス向けのスーツは薄い素材でツヤがあるのが特徴ですが、カジュアルなテーラードジャケットはシーンによって素材を選ぶことができます。例えば、重厚感を出したいときはウールを、涼しく着たい場合は麻素材のものを、リラックス感を出すなら綿素材にすると良いでしょう。また、ストレッチ素材のものも動きやすいのでおすすめです。テーラードジャケットは、身幅を絞ったシルエットの方がおしゃれです。さらに、下半身は細身のパンツにするとスマートな印象になります。

 

 

年齢を重ねても着ていたいレザージャケット

数あるテーラードジャケットの素材の中でも、レザージャケットは年齢を重ねた男性にこそ着てほしい一着です。リッチな大人の色気を演出することができるでしょう。カラーは定番のブラックのほか、ダークブラウンやキャメルなどがあります。さらに、レザーの種類によって着心地が変わります。レザーというと牛革や山羊革などがありますが、柔らかくて着心地がいいのは羊です。レザージャケットは着こなすのが難しいと感じる人もいるかもしれませんが、はじめてレザージャケットを着る場合は、定番のコーディネートから始めれば上手に着こなせます。特に、年齢を重ねた男性におすすめのインナーがタートルネックです。タートルネックを着るだけで大人な男性のイメージになりますが、レザージャケットを羽織ることでおしゃれな大人の男性という印象が強くなります。ジャケットの色に合わせてインナーを選んでみましょう。

 

カジュアルでワイルドな魅力のライダースジャケット

ライダースジャケットはバイク乗りのためのジャケットですが、ストリートファッションとしても定評のあるアイテムです。バイクに乗らない男性でもライダースジャケットを着ることで、クールで男らしい印象に変身できます。ライダースジャケットの素材はレザーが定番ですが、スウェットやスエードなど、ちょっと変わった素材で印象を変えることが可能です。休日はとことんカジュアルな格好がしたいならばスウェットが、個性をアピールしたいならスエードがおすすめです。また、スーツのダブルは流行していませんが、ライダースジャケットならダブルも格好よく仕上がります。シングルはスマートな印象になりますが、ダブルは男らしいハードさを演出することができるでしょう。さらに、ライダースジャケットを選ぶときには、ジャストサイズを選ぶこともポイントです。大き目のサイズを選ぶと格好よく着こなせません。

 

きちんと感プラスおしゃれなスタンドカラージャケット

スタンドカラージャケットは襟が立っているタイプのジャケットで、スタイリッシュな印象になります。きちんと着こなせば格好よいのですが、間違えるとやぼったく見えてしまうので注意しましょう。例えば、動いている間に襟が寝てしまい、左右のバランスが崩れるとだらしない印象になってしまいます。襟を立てて肩で着ることを意識してみてください。また、ボタンを留めるときに一番上のボタンまで留めてしまうとスタイリッシュに着こなせません。ボタンは上から2つ目くらいまで外しておくと、襟元が綺麗なVラインになるのでスッキリ見えます。さらに、スタンドカラージャケットは首の後ろが暖かいので、風の強い日におすすめのジャケットです。

 

カジュアルデートにもってこいのデニムジャケット

デニムジャケットとはいわゆるジージャンで、インナーを選ばずいろいろなコーディネートが楽しめるのが特徴です。そのため、カジュアルデートのときにはもってこいのアイテムといえるでしょう。デニムジャケットを選ぶ際は、余計なデザインが入っていないシンプルなものをおすすめします。刺繍やペイントの入ったタイプもおしゃれですが、コーディネートが限られる可能性があるからです。はじめてデニムジャケットを購入するならシンプルなものを、2着目や3着目なら個性的なデザインを選ぶと安心です。インナーはシンプルなカットソーやタートルネックのほか、パーカーを組み合わるのもおしゃれです。基本的にはどんなボトムスにも合いますが、デニムジャケットにジーパンを合わせるのは難易度が高いので、コーディネートに自信がない人は避けたほうが無難です。

 

リラックス感のあるニットジャケット

柔らかく暖かいニットジャケットは、きちんと感を出しつつもゆったりした着心地なのがメリットです。カーディガンではラフすぎる印象になりがちですが、ニットジャケットならほどよくきちっとした印象になります。そのためにも、ニットジャケットを選ぶ際は、シルエットの良いものを選ぶのがポイントです。ゆったりしすぎるとシルエットが不格好になってしまいます。合わせるインナーは、無地でも柄物でも違和感なく着こなせます。大人っぽい印象にしたいならタートルネックを、きれいめな印象にしたいならシャツがおすすめです。また、ボトムスはデニムパンツとの相性が抜群ですが、細身のカーゴパンツもカジュアルに着こなせます。

 

ジャケットの種類はたくさん!いろんなコーデで楽しんで

休日に着用できるジャケットは多種多様です。素材やデザインが違う基本のジャケットを数枚持っているだけで、コーディネートの幅も広がります。デートや買い物はもちろん、ちょっとそこまでという外出の時でも気軽に羽織ることができるのがジャケットの魅力といえるでしょう。さまざまなジャケットを着て、休日を楽しんでみてください。

 

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH