ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

どんな服装にすべき?結婚式の二次会を控えた男性の身だしなみ

2018/04/05

  • スーツのシーン別マナー

 

結婚式の二次会に参加する場合、どのような服装が好ましいのでしょうか。二次会の服装は結婚式よりはドレスダウンしてよいという考えもあるでしょう。しかし、式・披露宴の会場から直行する方もいますから、二次会だけに参加する方があまりに砕けた服装をしていると、周囲との調和がとれずに浮いてしまうこともあります。一方、カジュアルすぎる装いは新郎新婦に対して失礼になり、ご自分の信用にも関わってきます。ですから、適度なフォーマル感のある服装を心がけるべきです。結婚式の二次会でお祝いの気持ちを伝わるためにふさわしい男性の服装について解説します。

 

結婚式の二次会の基本的な服装マナー

結婚式の二次会や、カジュアルウェディングといわれるあまり形式にこだわらない結婚式でも、最低限の服装のルールを守らなければいけません。スーツかフォーマルなジャケットを着用するようにしましょう。招待状に「平服でお越しください」と記してある場合は、タキシードなどの正装の必要はないという意味で、スーツやジャケットなどのきちんとした服装を指しています。平服=普段着だと誤解してはいけません。特に、二次会が開かれる会場が格式高い場所であればなおのこと、改まった場にふさわしいスーツの着用をおすすめします。

 

避けるべきマナー違反な男性の服装

結婚式の二次会で避けたい服装の筆頭としては、「白のスーツ」が挙げられます。白は新郎新婦のカラーですから、参加者が着用することは大変に失礼な行為になります。純白でなくても、白に近いベージュやイエローのスーツも、遠目には白に見えることがありますので着用は避けるのが無難です。また、「新郎より目立つ衣装」も着ないようにすべきです。たとえば、「羽織袴」は日本の由緒ある礼装ですが、結婚式の二次会では格式が高く目立ちすぎます。派手なストライプやチェックなどの柄物のスーツも避けてください。新郎より注目を集めてしまう可能性のある服装は遠慮しておきましょう。
黒いシャツ、黒いネクタイといった「喪服のような服装」もマナー違反です。結婚式で弔事をイメージさせる服装は縁起が悪いといえます。シャツは、二次会でも白か白に近い色のシャツを選びましょう。濃色のシャツは黒に見えてしまうこともありますから避けるのが無難です。
「カジュアルすぎるもの」も、新郎新婦に対して失礼にあたります。たとえば、「ジーンズ」「短パン」「Tシャツ」といったラフすぎる服装は厳禁です。結婚式でTシャツや短パンを着るのは非礼だという感覚は多くの方が持っていると思いますが、二次会も結婚式の延長といえるのですから、カジュアルすぎるトップスとパンツは避けてください。着古したみすぼらしいスーツで出席することもいけません。お祝いの気持ちが感じられる「特別感」のある服装をしましょう。
靴は「サンダル」「スニーカー」は、はかないでください。原則として、靴はエナメルシューズか革靴以外での参加はひかえましょう。革製でも「ブーツ」はカジュアルな印象ですから、はかないほうがよいです。結婚式では、革靴に小さな穴で装飾したメダリオンシューズや、カジュアルなローファーははいてはいけないとされていますが、二次会ならば問題はありません。靴下は、結婚式では黒の靴下と決まっていますが、二次会ではそこまで厳格にこだわらなくてもよいと思われます。

 

結婚式の二次会にぴったりなコーディネートは?

お祝いの気持ちが感じられてセンスがよい服装にするためには、スーツ・ネクタイ・ポケットチーフのカラーコーディネートに気を遣いましょう。スーツを着てネクタイを結んだときに物足りない感じがする場合、チーフのカラーをネクタイとは違う色にすると、胸元にアクセントができます。チーフの入れ方を工夫して、ふんわりと入れるパフドスタイルや三つの山を作るスリーピークスなどにしても、より華やかに見えます。また、ネクタイをボウタイにすると、着る人の余裕を感じさせる遊び心のあるコーディネートになりますので、ぜひお試しください。スーツは、ツーピースでもスリーピースでもいいのですが、ベストだけを別の色で光沢のある素材にすると、いっそうおしゃれ度をアップすることができ、結婚式の二次会にふさわしい華やかな服装になります。
スーツの色別に、結婚式の二次会におすすめのコーディネート例をご紹介します。
まず、「ネイビースーツ」の場合。ネイビーカラーは結婚式でも二次会でも目立ちすぎず落ち着いて見え、安心して着用できる色です。ネクタイの色もネイビー系のカラーにすると、無難にまとまります。しかし、スーツとまったく同じ色では地味に見えてしまいますから、ネクタイは明るめのネイビーカラーや光沢のある素材のものを着用して違いを出すとよいでしょう。他にも織り柄のネクタイならば上品に、チェックの柄のネクタイならば若々しく、ペイズリー柄ならば大人っぽく仕上げることができます。
次に、「グレーブラウンスーツ」。グレーとブラウンの中間の色のスーツは、知性と落ち着きを感じさせます。ダンディーな雰囲気が漂いますので、30代からご年配まで幅広い年齢の方に着用していただけるスーツです。シルバーやパープル系のネクタイを締めるとスーツの色とよくマッチして洗練された印象になりますし、淡いピンク系のネクタイは明るく喜ばしい気持ちを表現してくれます。柄物のネクタイは、落ち着いた色合のペイズリー柄などがファッショナブルに見えておしゃれです。
「ブラウンスーツ」は、少しカジュアルな印象ですから、格式を重んじる結婚式のあとの二次会や、新郎が目上の方である場合は避けましょう。新郎新婦と親しく、気の置けない仲間内の二次会であるならば着用できます。白とネイビーのストライプなど、明るめのネクタイでVゾーンをより華やかにするコーディネートがおすすめです。チーフもネクタイと同色系のものを選ぶと上手くまとまります。

 

 

 

目立ち過ぎずにおしゃれを追求するのがポイント

結婚式は、新郎新婦とそのご家族にとっては人生の重大事ですから、お祝いする側もそれ相応の緊張感とこだわりをもって服装を選びたいものです。服装でお祝いの気持ちを表わすためには、きちんとしていて華やかに見えるスーツスタイルが最適です。ネクタイやポケットチーフにも細心の注意を払うと、とても素敵な装いになります。しかし、新郎より目立つのは失礼に当たりますから、悪目立ちしない範囲でコーディネートにこだわって、おしゃれにスーツを着こなしましょう。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH