ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

結婚式に合うのはどんなシャツ?ゲストのシャツ選びのコツまとめ

2018/04/05

  • スーツのシーン別マナー

 

家族や親戚、友人や知人の結婚式にゲストとして参加する機会は、案外多いものです。特に社会に出てからは、職場の同僚や上司などとのつながりもできるので、そうした機会は増えていきます。しかし、結婚式はフォーマルな場ですから、マナーに気をつけなければいけません。もしもマナー違反をすると、自分が恥をかくだけに留まらず、新郎や新婦に失礼な場合もあります。事前にしっかりとマナー知識を習得しておきましょう。今回は、結婚式に参加するゲストがシャツを選ぶポイントと、おしゃれに着こなすコツについて解説していきます。

 

結婚式にNGなシャツの特徴は?

結婚式にゲストとして参加するとき、選ぶシャツの種類によってはマナー違反になることがあります。基本的に、派手な色のシャツや、柄の入ったシャツは避けるのが賢明です。結婚式の主役は新郎と新婦ですから、ゲストはあまり派手すぎず、目立たない服装を選ぶのがマナーとなります。また、お祝いの場である結婚式の服装は、明るく清潔感があることも重要です。そのため、スーツのジャケットと合わせたときに重いイメージになりやすい黒色のシャツは避けましょう。同様の理由で、暗いトーンのシャツは全体的に不向きです。さらに、肌着や素肌が透けて見えるメッシュ素材のシャツもNGとなります。そうしたシャツは、周囲に不快感を与えてしまう可能性があります。
加えて、半袖シャツの着用も適切ではありません。フォーマルな服装の場合、スーツのジャケットの袖からシャツの袖が少し出ているのが普通です。半袖シャツでは、カフスボタンでコーディネートできないのもデメリットだといえます。当然ながら、ラフなTシャツや特殊なデザインのシャツなどもNGです。必ずフォーマル用のシャツを準備しましょう。

 

結婚式向きなシャツ選びのポイント

 

ゲストとして相応しいシャツを選ぶ際、押さえておきたいポイントがいくつかあります。まず、シャツの色に関しては、白系を選ぶのが基本です。純白でなくても、白にやや色味が加わったオフホワイト、アイボリー、クリームくらいの色合いなら許容範囲内となります。また、サックスブルーのシャツでも問題ない場合がほとんどです。爽やかで清潔感のある淡い青色であれば、フォーマルな場にも合います。続いて、シャツの柄については無地、あるいは織り柄のものを選びましょう。目立つ柄のシャツはNGですが、見る角度によってさりげない模様がうっすら浮かぶ織り柄ならOKです。ただし、格式の高い結婚式や、年配や目上の人が多い結婚式では、白色で無地のシャツを着用するのが無難な場合もあります。
シャツの襟に関しては、レギュラーカラーまたはワイドカラーが適切です。スタンダードなデザインのレギュラーカラーは、いろいろなジャケットやネクタイと組み合わせることができます。ワイドカラーはレギュラーカラーよりも襟の開き具合が広めなので、ネクタイの結び目を綺麗に見せることが可能です。それから、スーツのジャケットとシャツのサイズを合わせることも意識しましょう。スーツの袖からシャツの袖が出すぎていたり、スーツの袖からシャツの袖が見えなかったりすると、不恰好に映ることがあります。

 

シャツをおしゃれに着こなすコツ

ドレスコードの範囲で個性を発揮し、おしゃれにシャツを着こなしたいという人は、シャツの色にこだわってみてはいかがでしょうか。シャツの色は白かサックスブルーが基本となりますが、若い人が多く参加する結婚式などでは、パステルカラーのシャツでもOKな場合があります。爽やかで清潔感があり、暗いイメージを与えない淡色のシャツを選べば、おしゃれなフォーマルを演出することも可能です。ただし、結婚式の主役の服装と色がかぶってしまうのは良くないので、事前に新郎・新婦に確認を取りましょう。
また、親しい人の結婚式やカジュアルなスタイルの結婚式、結婚式の二次会などであれば、よりおしゃれなアレンジを加えることができます。たとえば、通常の結婚式ではNGとなる黒、さらにグレーやネイビーなどといった色のシャツの着用が許されることもあるのです。派手すぎなければ、ストライプやドット柄のシャツでも問題ないケースもあります。ノーネクタイでかまわないというような結婚式であれば、ボタンでシャツの襟先を固定するボタンダウンカラーや、襟先の短いショートポイントカラーなどでおしゃれを演出してみましょう。とはいえ、新郎と新婦よりも目立たない服装であることが大前提です。
それから、カフスボタンにこだわってみるのも、シャツをおしゃれに着こなすコツの1つです。通常のボタンではなく、カフスボタンでシャツの袖を飾ることで、何気ないおしゃれを演出できます。結婚式にゲストとして参加する場合、カフスボタンの色やデザインは比較的自由に選べます。王道の白蝶貝、すっきりとした印象のシルバー、きらびやかなクリスタルなど、自分好みのおしゃれを楽しみましょう。しかし、格式高い結婚式に招待されたときは、なるべくシンプルなものを選ぶ必要があります。二次会の席なら、紐式やプラスチック製、チェーン付きやキャラクターものなど、カジュアルなカフスボタンも可能です。カフスボタンを装着する場合は、ダブルカフスのシャツを身につけることも重要です。ダブルカフスのシャツは格式高い結婚式向けで、カフスボタンをつけるのに向いています。一方、シングルカフスのシャツは袖口にボタンがついているので、カフスボタンの装着に向きません。
このように、いろいろと工夫することでシャツをおしゃれに着こなすことができます。結婚式の雰囲気やスタイルを見極め、自分らしい装いを選びましょう。

 

フォーマル感とおしゃれ感を両立させておしゃれに!

結婚式はフォーマルな場ですから、ドレスコードを守るのがマナーです。だからといって必ずしも無難な白で無地、襟がレギュラーカラーのシャツを選ぶ必要はありません。マナー違反にならない程度にシャツを個性的に演出し、フォーマル感とおしゃれ感を両立させましょう。また、自分だけのおしゃれを楽しみたいという人には、オーダーメイドシャツがおすすめです。こまかいこだわりを込めて作ったオーダーメイドシャツなら、ほかの誰にも真似できないおしゃれを生み出すこともできます。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH