ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

結婚式のスーツはベストに注目!選び方のポイントは?

2018/09/27

  • スーツの着こなし・コーデ術

 

男性が結婚式に出席する際、新郎や新婦の父親の場合はモーニングコートのような正装で臨みます。一方、親族や友人の立場で出席するときは準礼装や略礼装を着用することが多いでしょう。その場合、ディレクターズスーツやブラックスーツなどのスーツ類を着るはずです。仕事などでスーツを着慣れている人もいるでしょうが、なかなか日常のビジネスシーンではベストを一緒に着ることがないかもしれません。ただ、結婚式でスーツを着るときは、ベストを着用するとビジネス感が薄れ、フォーマルな装いに見えます。そこで今回は、結婚式に着用するスーツのベストについて、選び方を詳しく説明します。

 

ベストを着用するとフォーマル感を演出できる

親族や友人などのゲストとして結婚式に参列する場合、特に衣装としてベストを着用することが必須というわけではありません。実際に、ベストを着用せずに出席している人も多いです。ただし、同じ友人や知人として出席する場合でも、どのような立場や役割で出席するかによって、どんな装いが適しているかということが違ってくることもあります。たとえば、友人を代表してのスピーチを任されているなど、結婚式で大切な役割を担っている場合は、それなりにフォーマル感のある服装をしたほうが役割にふさわしいと言えます。また、格式の高いホテルなどで行われる結婚式に参加する機会もあるはずです。さらに、年齢が上がってくると、新郎新婦の上司として出席する機会もあるでしょう。そのような場合も、結婚式の行われる場所やどのような立場で参加するかによって、カジュアルな雰囲気になりがちな装いは避けたほうが無難な場合もあります。同じようなスーツを選んだとしても、ベストを着ることによってフォーマル感が増します。場をわきまえている印象を与えることができるため、少しフォーマル感を出したい場合はベストも含めたスーツの着こなしを考えるといいでしょう。

 

ベストを着ていればジャケットを脱いでも大丈夫

結婚式のようなフォーマルな場にスーツで出席する場合、基本的にジャケットを脱ぐのはマナー違反とされています。ただ、真夏や暖かい時期に屋外で行われる結婚式のように、ジャケットを脱ぎたくなることもあるはずです。ベストを着用していない場合は、ジャケットを脱いでシャツ1枚になると、普段のビジネスシーンと変わらないくらいのカジュアルな装いになってしまうこともあります。一方で、ベストを着ているとジャケットを脱いだとしてもフォーマルな雰囲気を保つことができるのです。季節によって、ずっとジャケットを着ているのが暑すぎるという場合は、ベストを着用することでジャケットを脱ぐことも可能です。

 

ジャストサイズを選ぶことが重要

ベストに限ったことではありませんが、選ぶ際はぴったりサイズのものを選ぶことが大切です。大きすぎてブカブカのベストでも、小さすぎてピチピチに見えるベストでも、サイズが合っていないと不格好に見えてしまいます。そんな不格好なベストを着ていれば、ジャケットを脱ぐこともできません。また、スーツのサイズが合っていたとしても、ベストのサイズが合っていなければ全体的なバランスが崩れてしまいます。そのため、スーツと共に自分の体型にぴったり合うサイズのものを選ぶことが、まずは大事なポイントのひとつです。さらに、ベストの下に着ているシャツが見えるような丈のものも不格好に見えるため、ベルトが隠れる長さのベストを選ぶといいでしょう。

 

デザインはスタイルに合わせて選ぶ

 

同じベストでもシングルボタンかダブルボタンかという点や、襟が付いているか付いていないかなど、デザインは多彩です。襟が付いているタイプのほうがフォーマル感の強いデザインですが、特に結婚式ならば襟付きでなければいけないということはなく、どちらでもかまいません。また、ボタンの数もベストによって違いがあります。一般的にはボタンの数が5個~6個程度がフォーマルとしては適しているといわれています。しかし、ジャケットのデザインや着用する人の体型などによってもバランスが違ってくるため、フォーマルの場で着るベストのボタンの数が決まっているというわけではありません。
実際に、結婚式で着用するベストのデザインに関して特に細かい決まりがあるわけではなく、生地の質感がフォーマルな場に合うものかどうかということのほうが重要なのです。ただ、デザインに関しては体型によって合うデザインがあれば合わないデザインもあります。合わないデザインを着ていると、サイズと同様にバランスがおかしく見えることもあるため、自分の体型に合うデザインを選ぶことが大切です。また、絶対的な決まりごとではありませんが、ベストの一番下のボタンは止めないというのが一般的な着こなし方です。

 

ニットのベストは着用不可

ベストを着用することのメリットのひとつとして、防寒を兼ねることができるという点があります。肌寒い季節ならば、ジャケットの中に寒さをしのげる服を着込みたいと思うことがあるでしょう。また、夏でも空調が効いた室内に長時間いれば体が冷えてしまうこともあります。そんなときに、ベストを1枚着ているだけでも、ある程度の寒さ対策になるのです。ただし、いくら寒いからと言っても何を着てもいいというわけにはいきません。ベストにはさまざまな素材があり、ニット素材でできたものもあります。ニット素材のベストはカジュアルな雰囲気になってしまうため、結婚式のようなフォーマルな場で着用するのは避けたほうが無難です。

 

色はグレー系がおすすめ

ベストの色はどんなものを選べばいいのかというと、こちらも特に決まりごとはありません。スリーピースのように最初からスーツと生地の素材や色が同じベストならば確実に合わせることができます。ただし、結婚式という華やかなお祝いの場であることを考えると、ブラックスーツにブラックのベストだけを合わせた全身が黒ずくめになってしまうようなコーディネートは、暗いイメージになってしまうこともあるため避けたほうがいいでしょう。もし、ブラックのベストを合わせる場合は胸元のチーフやネクタイなど、小物を使って華やかさを演出する必要があります。一方、ベストの色をあえてスーツの色とは異なる色合いのものに変えることで、華やかに見せることができます。その場合、グレーやシルバーグレーなど、グレー系のベストを選んでおくのがおすすめです。グレー系のベストならばブラックスーツはもちろん、チャコールグレーやネイビーなどダーク系のスーツをはじめ、どんなスーツでも合わせやすいでしょう。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH