ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

未分類

結婚式のスーツってどう選べばいいの?守るべきマナーは

2018/10/09

  • スーツのシーン別マナー

 

皆さんが結婚式と言われて思いつく服装はなんでしょうか。男性の場合、ダークスーツと白いシャツ、白いネクタイが多いかもしれません。しかし、結婚式で着用するスーツは普通のビジネススーツとは異なります。そして実は、式に参加する立場や時間帯、式場などさまざまな要因で違った衣装を選ばなければいけない場合もあります。また、単調に感じる男性フォーマルも、守るべきマナーの範囲内であればおしゃれをしたり、個性を演出したりすることが可能です。ここでは、結婚式でスーツを着るときの選び方や着こなしのマナーについて紹介します。

 

結婚式で着るスーツの種類

結婚式で着用するスーツにはいくつかの種類があり、どのような立場で式に出席するか、式の時間帯によっても着用できるスーツが異なります。例えば、新郎、親、仲人などといった立場での出席なら、昼はモーニングスーツ、夜は燕尾服を着用します。これらは最上級の正礼装に当たり、昼夜で衣装が異なる点にも注意が必要です。さらに、主賓や上司といった立場で式に出席する場合には、準礼装の衣装を着用します。準礼装は、昼ならディレクターズスーツ、夜ならタキシードとなり、正礼装の場合と同じように昼夜で衣装が異なります。ほかにも、友人など一般的な招待客として式に参加するならば、略礼装で式に出席することができます。略礼装に該当するのは無地の濃紺やダークグレーなどのフォーマルな印象のダークスーツやブラックスーツなどです。また、ライトグレーのスーツを着用する人もいます。略礼装の場合には昼夜の区別が無く、「平服でお越しください」と書かれた場合なども略礼装で出席して構いません。しかし、平服と書かれた場合にもフォーマルな場所に派手な柄のスーツなどは不向きなので注意してください。

 

結婚式のネクタイはどうするべき?

結婚式では基本的に白色やシルバーグレーのネクタイを着用します。反対に着用を避けた方がいいネクタイとしては、葬儀をイメージさせる黒いネクタイや、殺生をイメージさせるアニマル柄などが挙げられます。柄は無地や小紋柄、ストライプなどが無難でしょう。そして、ネクタイを選ぶ際のポイントはフォーマルで明るい華やかな印象を与えることです。例えば、光沢のある素材や、薄いピンクや水色、ゴールドなどのネクタイを選んでみるのもいいでしょう。素材はカジュアルな印象のニットタイは避け、シルクなどの光沢と張りのある素材を選びます。また、ネクタイを選ぶ際にはスーツとの組み合わせも重要です。特にダークスーツを着用するときには、暗い色のネクタイを選んでしまうと印象が地味になりがちなので気を付けます。反対に、流行のライトグレーなどのスーツを着用した場合には、白やシルバーグレーのネクタイを締めると新郎よりも目立ってしまうことになりかねないので避けた方が無難です。個性的なおしゃれを楽しみたい人や目立ちたい人には、蝶ネクタイやアスコットタイといった普段はあまり身につけないネクタイもおすすめです。

 

ワイシャツはどうすればいい?

結婚式で着用できるワイシャツは、基本的に無地の白色です。しかし、派手になりすぎなければサックスブルーや薄いピンクなどもスーツの色に合わせて着用することができます。濃い色・柄の入ったシャツはカジュアルな印象になりがちなので避けた方が良いでしょう。ただし、同じ柄でも近づいたときに気づく程度の織柄なら問題ありません。また、フォーマルな席なので、袖は長袖にします。襟の形はウイングカラーかレギュラーカラーを選びます。ウイングカラーとは、首回り全体の襟が立ち、襟先の部分だけが三角に折り返されたデザインの襟です。主に結婚式やパーティーなどのお祝いの席で着用され主賓格の人が着ることが多いですが、ダークスーツやブラックスーツと合わせれば一般客が着用しても構いません。もちろん、レギュラーカラーでもいいのですが、フォーマルな場所でしか見ることのないウイングカラーは結婚式にふさわしい服装とも言えるので挑戦してみるのもいいでしょう。逆に、ボタンダウンシャツやショートポイントカラーはカジュアルになり過ぎるので結婚式には不向きです。

 

小物にもこだわろう

結婚式では小物にもこだわりたいものです。しかし、フォーマルな席にふさわしい小物にはいくつかルールがあります。例えば、靴は黒の革靴で、ストレートチップかプレーントゥを選ぶといいでしょう。ベルトも靴に合わせて黒を選びます。また、靴下は黒で、座ったときにも素足が見えないミドル丈以上の物を着用しましょう。基本的に結婚式ではバックは持ちませんが、どうしてもという場合には黒のクラッチバックなどを持っても構いません。ほかにも、結婚式の装いで使用できる小物として、ポケットチーフやカフスボタンなどがあります。ポケットチーフはネクタイの色に合わせてリネンの張りのある素材の物がおすすめです。ポケットチーフを使うだけでぐっと華やかになるので、ぜひ1枚準備しておきましょう。また、カフスボタンも男性の手元を華やかに演出するアイテムのひとつです。ゴールドかシルバーの台に真珠や白蝶貝などが付いたカフスがフォーマルな席には向いているでしょう。派手な色でなければ、少し変わったデザインのカフスを取り入れても個性を演出できるかもしれません。

 

フォーマルな場だからこそこだわって

男性が結婚式で着るスーツにはいくつかの種類があり、式に出席する立場や時間帯、会場などによってスーツを選ぶ必要があります。一般客として参加する際には、ダークスーツやブラックスーツで参加します。その際、ネクタイやワイシャツは華やかな雰囲気に合った、カジュアル過ぎないデザインの物を合わせましょう。一般的なネクタイの色は白かシルバーグレーでストライプや小紋柄などの目立たない柄があっても構いません。ワイシャツも基本的には白ですが、サックスブルーや薄いピンク、ウイングカラーを選ぶと華やかな印象になるでしょう。一方、靴、ベルト、靴下などは黒で統一します。そして、ポケットチーフやカフスボタンなどのアイテムを加えることで、さらに結婚式らしい装いになるので挑戦してみてはいかがでしょうか。女性と違い、男性はフォーマルな場所での装いにバリエーションが少ないものです。しかし、フォーマルな場所ならではの着こなしが求められるからこそ、マナーの範囲でこだわりを見せてみるのもいいのではないでしょうか。

 

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH