ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

かっこよくきまる!結婚式のスーツの色選びとは

2018/11/13

  • スーツの着こなし・コーデ術

 

結婚式にお呼ばれすると、楽しみな反面、服装などのマナーが気になってしまいますよね。結婚式はそう頻繁にあるものではないので、うろ覚えの知識で不安だという人もいるでしょう。マナーにそぐわない格好をして出席してしまっては、自分だけではなく新郎新婦に恥をかかせることになってしまう可能性もあります。そうなってしまっては大変です。そこで今回は、結婚式で着るスーツの色のマナーや選び方のポイントについて紹介します。スーツは、選び方ひとつで見え方が大きく変わってくるものなので、色の選び方にもこだわってみるとおしゃれな印象になるでしょう。

 

結婚式で着用するスーツの色のマナー

結婚式で着用するスーツの色は、黒のブラックスーツが基本です。結婚式以外でも、昼夜を問わず略礼装として使えるので、1着持っていると便利でしょう。ただし、カジュアルな結婚式では、そこまで厳密にスーツの色にこだわらない場合があります。そういったときには、お祝いの華やかな場ということもあり、グレーやネイビー、チャコールグレーなどのスーツを選ぶのも良いでしょう。ただし、明るいネイビーやグレーはカジュアルな印象が強くなってしまうため、結婚式の雰囲気を選ぶため避けたほうが無難です。また、ストライプが入っているデザインは、結婚式向きではありません。ただ、こちらも派手でないものであれば、カジュアルライクな式には着用することも可能です。

 

結婚式で着用するスーツの色の選び方

初めて結婚式で着用するスーツを買うのであれば、定番の黒を買っておくのがベストでしょう。特に、格式の高い結婚式に出席するようなら無地の黒を持っていると安心です。無地は生地の質の良し悪しがわかりやすいので、せっかく買うなら良いものを選びましょう。一般的な結婚式ならば、ダーク系のグレーやネイビー、チャコールグレーなどでも着用可能な場合がほとんどです。そのため、2着目以降の購入を考えているのであれば、これらの色にチャレンジしてみるのも良いでしょう。グレーはおしゃれな印象になります。また、ネイビーは落ち着いた大人な雰囲気を演出することができ、さまざまなコーディネートを楽しむことができるでしょう。ネイビーは上品な雰囲気も出せますので、カジュアルな式用に1着持っていても損はないかもしれません。新郎新婦との関係性や、結婚式の格式によってどんなスーツの色が合うかは変わってきます。黒一辺倒になってしまってもつまらないので、TPOに合わせてスーツの色が選べるようになると、よりおしゃれの幅も広がっていくでしょう。

 

結婚式では避けたいスーツとは

白や明るい色のスーツは、悪目立ちしてしまう可能性があります。結婚式の主役は新郎新婦です。新郎のスーツと被ってしまうような色や、2人よりも目立ってしまうようなスーツは避けましょう。同様に、個性的な柄ものも控えたほうが無難です。また、日常で着ているスーツやビジネススーツも、結婚式にはふさわしくありません。結婚式の趣向や格式を考え、晴れやかな場に着ていく服装だということを意識しましょう。特に、注意が必要なのはリクルートスーツです。社会人になって間もないと、リクルートスーツだけしかない人もいるかもしれません。しかし、リクルートスーツは新社会人としての服装なので、結婚式に出席する場合には、きちんとしたスーツを用意しましょう。ほかにも、カジュアル色の強い結婚式では、黒のスーツだと地味になり過ぎてしまう可能性があります。そういったときには、小物で華やかさを出したり、細身のスーツでスタイリッシュさを出したりすると良いでしょう。ちなみに、カジュアル色の強い結婚式であっても、麻のスーツはリラックスし過ぎの印象を与えてしまうかもしれません。会場の雰囲気にもよりますが、心配な人は避けましょう。

 

スーツをおしゃれに着こなすポイント

スーツをおしゃれに着こなすためには、まずネクタイやポケットチーフにこだわってみましょう。結婚式でのネクタイの色は、白やシルバーグレーが一般的です。白地に細めのストライプや柄が入ったものでも問題ありません。よりカジュアル趣向の強い結婚式であれば、ピンクや青などの多少派手な印象のデザインであっても許されます、トータルコーディネートを考えて選んでみましょう。ポケットチーフは、胸に入れることで華やかな印象を与えることができます。黒のスーツだけではどうしても地味になってしまうという人は、ポケットチーフで遊んでみると良いでしょう。こちらも白が基本ですが、ネクタイの色に合わせてシルバーなどの控えめな色にしてみるのもおすすめです。素材は、麻素材のものだとフォーマル度が上がります。ほかにも、上品な光沢とやわらかさのある、シルク素材もおすすめです。フワッとした空気感のある入れ方をすると、華やかな雰囲気になるでしょう。カフスボタンなどでさりげないおしゃれをプラスするのもおすすめです。格式は白蝶貝のものが高く、石素材のものもフォーマルなシーンにふさわしいでしょう。一方、チェーン付きやプラスチックタイプのものは、フォーマルなシーンにはふさわしくありません。カフスはあまり目立つものでもないので、多少遊び心のあるデザインであっても大丈夫です。ただし、シャツによっては付けられないタイプもあるので、カフスをつけるつもりであれば、シャツの購入時などにあらかじめ確認しておくと良いでしょう。
また、晴れの日に着る大切な1着だからこそ、オーダースーツで体にフィットするものを着用するという手もあります。ONLYでは、オーダーメイドスーツをリーズナブルな値段で作ることができます。人とは違うスーツで決めたい、スーツスタイルをもっと楽しみたいと思っている人は、ぜひ自分に合った1着を作ってみてはいかがでしょうか。

 

自分に合うスーツでダンディに!

スーツにはさまざまな形や色がありますが、自分に合うものを選ぶことが大切です。せっかく結婚式に着ていくスーツのマナーについて学んだのですから、より格好良くスーツを着こなせるようにしましょう。市販品でももちろん良いですが、もっとおしゃれにスーツを着こなしたいという人は、オーダーメイドのスーツを作ってみるのはいかがでしょうか。自分に合ったスーツを着ることで、結婚式などの晴れやかな場にお呼ばれしても、堂々とした態度で振舞うことができるでしょう。

 

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH