ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

スーツのアイロンがけは大変?上手なアイロンのコツとは?

2018/02/23

  • スーツTips(豆知識)

 

シワがあるスーツは清潔感がなく、だらしない印象をもたらします。そのため、スーツのシワはアイロンがけをすることで、できるだけ丁寧に伸ばしておきたいものです。
ただ、スーツのアイロンがけは何となく難しいという印象を持たれがちです。また、スーツをいつもクリーニングに出しているという場合は、アイロンがけの方法が分からないということも予想されます。
簡単にできるスーツのアイロンがけの方法を心得ておき、いつもシワのないスーツを身につけるようにしましょう。この記事では、スーツのアイロンがけに必要なアイテムや、スーツのアイロンがけのコツなどについてご紹介します。

 

スーツのアイロンがけに必須のアイテム

スーツのアイロンがけには、いくつかのアイテムを用意しておくと便利です。まず、きれいにシワを伸ばすためには、スチームアイロンが欠かせません。
ジャケットのシワは、スチームで伸ばすときれいに取り除くことができます。新たにアイロンを購入するときには、スチームアイロンがおすすめです。
次に、ハンガーにもこだわりを持つと良いでしょう。ハンガーを選ぶときには、スーツの肩に合う、太めの木製ハンガーが最適です。針金ハンガーを使用している人も見受けられますが、針金ハンガーは全体的に細身な作りとなっているのが特徴です。そのため、針金ハンガーにスーツをかけておくと、肩の部分がずれてしまうのでおすすめできません。
また、霧吹きもスーツのアイロンがけには必要です。霧吹きでスーツを湿らせると、シワをきれいに伸ばすことができます。アイロン台はスーツパンツや身ごろをアイロンがけするときに使うため、持っておきたいアイテムといえるでしょう。
最後に、アイロンミトンですが、スーツをハンガーにかけたままアイロンがけができるので、あると便利です。上手にアイロンがけをしたいなら、これらのアイテムをそろえるところから始めてみましょう。

 

スーツのアイロンがけは設定温度に注意

スチームアイロンの温度を高温にしてみたり、アイロンを押さえつけてみたりしても、スーツのシワをきれいに伸ばすことはできません。アイロンの設定温度を、スーツの素材に応じて変えることで、上手くアイロンがけができるようになります。具体的には、綿や麻は180~200度、ウールは140~160度、ナイロン・アクリルは110~130度が適しているアイロンの温度です。
アイロンがけをするときに温度設定を間違えてしまうと、生地が傷んだり、かえってシワが強くついてしまったりするおそれがあります。アイロンでシワをつけてしまうと、生地を元の状態に戻すのはとても大変であるため、温度設定については十分に注意しましょう。

 

スーツのしわを伸ばすなら水分は重要

スーツのシワをきれいに伸ばしたいなら、生地に水分を与えることがポイントです。スーツにアイロンをかけるときは、スチームと霧吹きを併用して水分を与えると覚えておきましょう。また、頑固なシワがある部分については、霧吹きで布が湿るまでスプレーしても大丈夫です。ただし、ウールは水に弱いため、軽く湿らせる程度でも効果的です。
実際にアイロンがけをするときには、目立つシワを見つけたらすぐに霧吹きでスプレーするのではなく、まずは生地の素材をよく確認してからスプレーするように決めておくと良いでしょう。

 

ジャケットはスチームでじっくりしわを伸ばす

ジャケットのひじや背中の部分は特にシワがつきやすく、シワを伸ばすにもひと苦労です。「どんなにアイロンがけをしても、シワがきれいに伸びない」と悩んでいる人は、思い切ってアイロンがけの仕方を変えてみましょう。
まず、ジャケットをハンガーにかけます。次に、霧吹きでシワのある部分に水分をスプレーしていきましょう。シワのある部分を霧吹きで湿らせたら、いよいよアイロンの出番です。ジャケットについている素材表示を確認して、アイロンを適正温度に設定します。そして、アイロンのスチーム機能を使って、じっくりとスチームをかけていきます。
このときにはたっぷりとスチームを吹きかけて、時間をかけてシワを伸ばすように意識しながら作業を行うことがポイントです。繊維には、熱を加えると形が変わりやすくなるという特徴があります。スーツのシワがある部分に水分を与えることには、繊維に熱が早く伝わるというメリットがあるのです。さらに、スチームをかけ終わったら、手で引っ張って色々な方向へと素材を伸ばしていきましょう。
これらの作業が終わったら、ジャケットをハンガーにかけたままにしておき、スーツに残った湿気や熱をしっかりと取り除くことが大切です。このとき、ジャケットのボタンを締めておくと型崩れせず、より美しい状態に仕上げることができます。

 

身ごろや背中など面積の広い部分はアイロン台で

身ごろや背中など、面積が広い部分のシワがひどい場合には、アイロン台を使って丁寧にシワを伸ばしていきましょう。
まず、スーツにあて布をします。あて布をせずにアイロンがけをしてしまうと、テカリの原因となってしまうため注意をしましょう。あて布については、家庭にある綿100%のハンカチなどを使用しても構いません。
アイロンをあてる前には必ずあて布を使い、テカリを防ぐようにしましょう。また、コットンや麻素材のジャケットの場合には、アイロンはドライでかけていきます。アイロンでスーツを押さえるようにすると、気になるシワも伸びやすくなるでしょう。スーツの素材によって適切なアイロンの設定温度は異なるため、アイロンをあてる前には必ず素材表示を確認しておくことがポイントです。

 

毎日着用するスーツだからこそしっかりアイロンを

 

常にシワや汚れのないきれいなスーツを着ていると、「仕事ができるビジネスマン」としてのアピールにもつながります。逆に、いつもシワがあるスーツを着用している場合には、周りの人から「清潔感がない」と思われるばかりでなく、どんなに仕事を頑張っていても評価されないという可能性さえあるのです。
スーツのアイロンがけは、基本のやり方さえ押さえておけば、それほど難しいものではありません。また、スーツにアイロンがけをするなどしてきちんと手入れをしておくと、スーツを長持ちさせることにもつながるというメリットもあるのです。きれいにアイロンがけされたシワのないスーツを着ていると、それだけで気持ちが良いと感じます。
毎日着用するスーツだからこそ、きちんとアイロンがけをして、シワをきれいに伸ばしておくことが大切です。

 

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH