ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

ビジネススーツじゃダメなの?パーティーに参加する時のスタイルとは

2019/01/07

  • スーツのシーン別マナー

 

パーティーに参加するときの服装はビジネススーツでよいと考えている人は気をつけましょう。社会人として、それぞれの場にふさわしい服装をしていないと恥をかいてしまいます。特にフォーマル度の高いパーティーに参加するときには、ルールやマナーに注意しましょう。いつでもどこでもビジネススーツを着ていれば問題ないと考えるのはやめておいたほうが良いです。それぞれの場に合ったスタイルを選ぶことを意識しましょう。今回は、パーティーに参加するときのスーツスタイルについて、大切なポイントやマナー、着こなし方を紹介します。

 

パーティーに参加する!スーツスタイルのポイントは?

パーティーに参加するときの基本はスーツかジャケットを着用することです。パーティーだからといって、カジュアルすぎる格好はNGです。清潔感のあるスタイルを整えると好印象です。パーティーには、仕事関係のものもあれば、プライベートで参加するものもあります。仕事関係では真面目な格好をすることが基本となるのですが、カジュアルなパーティーならばデザイン性の高いスーツを着るのもよいです。パーティーのスーツスタイルは英国紳士を参考にしましょう。英国紳士は自分を着飾るためではなく、他人のために装います。ジェントルマンとして、周りの人に不快感を与えないか、気分を害さないかを重視したスーツスタイルを選択しているのです。フォーマルなパーティーとカジュアルなパーティーで、それぞれスーツの選び方を変えているのが英国紳士です。日本でもパーティーにドレスコードというものがあり、服装のルールやマナーが異なるため注意しましょう。また、小物にもこだわりを出すことによって、遊び心を出すことができます。

 

格式高いパーティーに参加する!マナーについて知っておきたい

フォーマル度の高いパーティーでは、カジュアルな格好は基本的にNGとなります。たとえば、会社関係のパーティーは基本的にフォーマルな場であると考えましょう。そこでカジュアルな格好をしてしまうと、会社の評判にまで影響を与えることもあります。格式高いパーティーでは、基本的にブラックスーツかダークスーツを選びましょう。明るめの色は選ぶべきではなく、落ち着いた真面目な印象のする暗めの色を着るべきです。
ただし、フォーマルウェアは時間帯によって変化をつけなければいけません。基本的には昼の装いと夜の装いの2つがあります。午後5~6時あたりの時間帯で服装が切り替わると考えましょう。冬は17時頃にはもう日が落ちるため、早めに夜の装いにしなければいけません。たとえば、昼の準礼装にはブラックスーツが適しています。また、夜の正礼装にはタキシードを選ぶとよいです。準礼装とは、一般的な結婚式や披露宴、レストランやホテルでのパーティーなどで着用するものです。一方、正礼装は、より格調の高い結婚式や披露宴、公式行事、またこれに準じるパーティーなどで着用します。パーティーに備えておくためには、ブラックスーツとタキシードの両方を持っているほうがよいです。燕尾服も夜の正礼装ですが、現在は着る機会が減っており、タキシードの方が夜の正礼装として一般的です。

 

カジュアルなパーティーに参加する!スーツはどうしよう?

カジュアルなパーティーでは、ダークスーツやテーラードジャケットなどがおすすめです。ただし、カジュアルパーティーはフォーマルパーティーと比較して自由度が高く、多彩なコーディネートが許容されます。ジャケットやパンツの色を変えたり、柄物のワイシャツを選択してみたりすることもできます。個性を出すことができて、ファッションを楽しむ余地があります。ただし、リネン素材のスーツはカジュアルすぎるため、カジュアルなパーティーでも不適切です。カジュアルパーティーといっても、カジュアルさには幅があります。参加するパーティーの主催者や会場に確認するとドレスコードを教えてくれるため参考になります。少しでも疑問を感じたらドレスコードの確認をするとよいです。

 

結婚式に参加する!スーツの着こなしポイント

 

結婚式はフォーマルな服装をするべきであり、二次会は比較的カジュアルなものを選びましょう。ただし、結婚式と二次会でスーツを変える余裕のない場合もあります。1着のスーツを着回すならば、小物で変化を加えることができるため、工夫しましょう。たとえば、ネクタイであれば短時間で簡単に変えられるため便利です。結婚式のネクタイはフォーマル仕様のシルバーや光沢のある白にしておきましょう。一方、二次会では柄物や黄色など華やかなネクタイにしてカジュアルダウンするのがよいです。ネクタイをボウタイにするのもアクセントになるためおすすめです。ポケットチーフの織り方を変えるなど細かな工夫もできます。結婚式では白や白に近い色は新郎とかぶるためNGです。結婚式の主役はあくまでも新郎新婦のため、スーツの色はダークカラーや黒が無難です。ただし、すべてを黒でコーディネートすると葬式のように思われるため、お祝いごとにはふさわしくありません。黒のネクタイは結婚式ではNGとされています。逆に派手すぎるのは新郎新婦よりも目立ってしまうためNGです。ただし、格調高い結婚式でなければ、細かい模様のあるネクタイや淡いパステルカラーのシャツのように多少派手なものも許容されるケースがあります。スーツでは、薄いストライプならば許されるかもしれません。それでも、あくまでも主役より目立たない範囲でおしゃれをしましょう。ベルトに派手な飾りがついていたり、バックルが大きかったりするものは、目立ちすぎるためNGです。また、アニマル柄は殺生をイメージして縁起が悪いとされているため、基本的にNGです。

 

いつものスーツスタイルじゃだめ!パーティーに適した装いを

パーティーはどのようなものであれ特別な催しとなります。そこに普段のビジネススーツで行くのは、とても失礼なことです。普段の格好で行くのは、仕事帰りに立ち寄ったような印象を与えてしまいます。パーティーに参加するためにわざわざ特別な服装を用意するのが礼儀となります。もしいつものスーツスタイルで行きたいならば、ポケットチーフを持っていき華やかな色のネクタイをしていきましょう。バッグは小さめのクラッチバッグにしましょう。ただし、パーティーごとにドレスコードが決まっていて、ふさわしい格好はそれぞれ異なります。事前にドレスコードを確認して、その範囲内でおしゃれを楽しみましょう。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH