ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

似ているようで違う!スーツと礼服の違いとは

2019/01/07

  • スーツTips(豆知識)

 

スーツと礼服が同じものだと思っていないでしょうか。実はこの2つは異なるもので、その違いを理解していないと失敗してしまうことがあります。それぞれのシーンに合った服装を選ぶことが大人としてのマナーです。ビジネススーツと礼服は違うものであり、礼服としてビジネススーツを着用してはいけないのです。見た目は似ているのですが、見る人が見ればまったく違うものであることがすぐに見抜かれてしまいます。恥をかかないためにもスーツと礼服の違いをはっきりさせておきましょう。スーツと礼服にはどのような違いがあるのかを紹介します。

 

礼服ってどんなもの?

礼服とは冠婚葬祭において着用されるフォーマルウェアのことです。ビジネスの場面で礼服は使われないため、ビジネススーツの代わりに礼服を着ることはできません。また、礼服にはいろいろな種類があります。使うシーンや冠婚葬祭の格式によって、それぞれの礼服を使い分けましょう。礼服として最も格式の高いものが正礼服です。正礼服には昼に着用するモーニングコートと夜に着用する燕尾服があります。モーニングコートはフロックコートの前裾が切り落とされていて、後ろは長く斜めにカットされているのが特徴です。結婚式の新郎や両家の父の衣装として定番です。公的な式典やパーティー、葬式の喪主などが着用することもあります。一方、燕尾服はジャケットの裾の部分がツバメの尾のように2つに割れているものです。夜の正礼服であり、格式の高い式典で着用されます。正礼服の次に格式の高いのが巡礼服であり、その代表がタキシードです。
タキシードは夜の巡礼服の装いとされており、近年は正礼服として着用されるケースも増えています。また、ディレクターズスーツも巡礼服の1つです。一番格式の低い礼服は略礼服であり、その代表がブラックスーツです。一番使用頻度が高いのがブラックスーツで、社会人であれば1着は持っておくべきでしょう。ブラックスーツは結婚式や式典などに参加する際に着用できます。単にゲストとして参加するならば、ブラックスーツで事足りることが多いです。冠婚葬祭に参加する頻度はかなり異なります。基本的に年齢が上にいくほど、冠婚葬祭に出席する機会が増えていきます。若い人はブラックスーツのみで対応できるのですが、中高年になるとタキシードや燕尾服、モーニングコートなどが必要となる場面も出てきます。今後の冠婚葬祭に備えた礼服を用意しておくと慌てないで済みます。

 

 

礼服と黒いビジネススーツの違いとは

略礼服のブラックスーツとビジネスブラックスーツはよく似ていますが、両者にはさまざまな違いがあります。ビジネスブラックスーツを礼服として着用しても、すぐに普段遣いのスーツであると分かってしまいます。礼服と一般的なスーツは黒色に違いがあります。礼服は艶や光沢の出ない漆黒色をしています。一方、ビジネススーツは薄い黒色で少しグレーがかっています。一般的なビジネスブラックスーツを着用して冠婚葬祭に出席しても、艶や光沢があるためバレてしまうのです。特に屋外に出たときには、はっきりと違いが分かります。礼服には上質なウールが用いられているのですが、ビジネススーツはポリエステルが採用されていることが多いです。礼服のほうが生地の質が良くて安っぽさがないのです。
デザイン面では、ジャケットのラペルに大きな違いがあります。ラペルとはジャケットの襟の部分で、細かい縫い目の有無で礼服を見分けることができます。スーツの襟に沿って細かい縫い目があるのが一般的なビジネススーツです。さらに、シルエットにも違いがあり、礼服はゆったりとしていて、ビジネススーツは細身のものが多いです。礼服はめったに着る機会がなく、あまり買い替えることをしないため、いつまでも着られるようにゆったりとしたものが多いです。一方、ビジネススーツは細身のシルエットのものが流行っているため、礼服との違いが目立ちやすいです。複数の点において、礼服とビジネススーツには違いがあるため、見分けることができるのです。

 

礼服を選ぶ時のポイント

まず、礼服はできるだけ色が濃いものを選びましょう。黒が濃いほど高級でフォーマル度の高いものと評価されます。しっかりと濃い黒色をしているものは、礼服にふさわしく、ビジネススーツと間違えられる心配はありません。たとえば、高級な礼服では何度も染め直されて黒色が濃くなるように工夫されています。また、礼服は何度も買い替えるものではなく、着る機会も少ないため、5年後でも着られるものがベストです。ビジネススーツよりも高級なため、長く使えるようなシルエットのものを選びましょう。たとえば、細身のシルエットにしてしまうと、将来太ってしまうと着られなくなってしまいます。多少ゆとりのあるシルエットのほうが長く着られるのです。
一般的に礼服は高級なもののほうが良いとされています。高い礼服は、色が濃くて耐久性があり長く着続けることができるのです。しかし、あまりにも高すぎるものを買うのはおすすめしません。着用シーンが限られるため、年間を通してたくさんの冠婚葬祭に出席する立場の人は別にして、普通の人が高い礼服を買ったとしてももったいないです。普段、自分が使っているビジネススーツと同じぐらいの価格帯のものを検討するとちょうどよいです。礼服としての要素を満たしたものであれば、特別高級でなくても失礼にはなりません。高級な礼服は、それにふさわしい立場の人が購入するものです。普通のスーツと同じぐらいでもしっかりとした礼服はたくさん売られています。

 

スーツと礼服の違いについて知っておこう

スーツと礼服の違いは一般常識とされていますが、意外と詳しい違いを知らない人もいます。礼服は、しっかりとした黒となっています。一方、ビジネススーツはグレーがかった黒色をしています。礼服にはブラックスーツやタキシード、燕尾服といった種類があり、格式がそれぞれ異なっています。基本的に礼服を買うときには、黒色がしっかりと濃くてゆったりとしたシルエットで無理なく購入できる価格帯のものを選びましょう。スーツと礼服の違いを知って、冠婚葬祭にふさわしい服装を整えましょう。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH