ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

春のスーツはどう選ぶ?意識したい機能性や素材をチェック!

2019/04/12

  • スーツTips(豆知識)

 

冬の寒さがようやく和らぎ、暖かくなりはじめる春。日によってかなり気温が上がることもあれば、まだまだ肌寒さを感じる季節でもあります。そんな時期はなにを着ればいいのか迷うという人も多いのではないでしょうか。そのため、春に着るスーツを選ぶときは機能性はもちろん、素材にも気をつけることが大切です。そこで、この記事では春のスーツを選ぶときに意識したいことについて詳しく紹介します。

 

季節によるスーツの違いって?

スーツは1着が1年を通して使えるというわけではなく、春夏秋冬オールシーズンといった種類があります。春夏は文字からも想像できるように、主に3月から9月にかけて着用することを想定して作られたスーツです。7~8月の真夏が暑いのはもちろん、春でも夏日に近い気温になる日もあります。また、9月になっても残暑が厳しい日も多いため、春夏のスーツは通気性がよく、汗をかいても快適に着られるように配慮して作られています。
秋冬のスーツは10月から翌年の2月頃までの着用を想定しています。汗をかきやすい時期とは違い、秋冬用スーツは春夏用のスーツに比べると生地が傷みにくく保温性が高いことが特徴のひとつです。そのため、長く着られるように高級感のある素材で作られることも多くあります。もうひとつ、オールシーズンのスーツは、真夏の暑さが厳しい時期以外のほとんどに対応できるスーツです。オールシーズンのスーツでは、春夏と秋冬の中間程度の厚みの生地が使われます。

 

春に着るスーツは通気性を意識しよう

秋冬用のスーツの場合、裏側全体に裏地が付いた仕様になっていることが多いです。この全体に裏地が施されているものは総裏と呼ばれています。一方で、春夏スーツの場合はほとんど背中の部分に裏地が付けられていません。背中の裏地を抜いたスーツは背抜きと呼ばれ、背中に裏地が付いていない分、通気性がよいことがメリットです。
春に着るスーツを選ぶときは、夏まで着用することを想定して選ぶことがポイントです。もともと、春夏スーツは背抜きになっているなど、暑い夏の間も着用しやすいように作られています。そのため、汗をかきやすい春から夏にかけては、春夏スーツのように通気性がよく、不快感の少ないタイプを選ぶようにするといいでしょう。
一般的に春夏用のスーツは秋冬ものに比べると生地は薄めです。ただ、同じ春夏用でも、スーツによって多少使用している生地に違いはあります。クールビズなどで夏はスーツを着ない職場ならば、多少生地が厚めでも通気性がよいものなら大丈夫です。ただ、真夏まで着ることを想定しているのなら、生地が薄手のタイプを選ぶことをおすすめします。

 

 

春のスーツに適している生地の素材は?

スーツは生地によって着心地が違うほか、見た目の雰囲気も異なります。また、機能性の面でも違いがあるため、それぞれの特性を知ったうえでスーツを選ぶことが大切です。春夏のスーツに使われる生地には、コットン(綿)やリネン(麻)、モヘアなどがあります。そのなかでも天然素材としてさまざまな衣類に使われているのがコットンです。コットンは吸湿性や通気性に優れている点が特徴的で、汗をかきやすい春から夏にかけて着るスーツには適しています。また、天然素材ということで肌触りがいいこともメリットのひとつです。
コットンと同じく天然素材のリネンも、春夏用のスーツで多く使われます。シャリッとして清涼感もあり、吸水性や発散性が高いうえ、防臭効果も期待できる素材です。そのため、真夏まで着ることを考えているのならピッタリな素材だといえるでしょう。ただし、リネンが100%の生地の場合、エレガントさに欠けたりシワになりやすかったりします。もし、シワになりにくいスーツが欲しい場合やビジネスシーンで上質感のあるスーツが欲しい場合は、ウールなど他の素材と混紡した生地を選ぶこともひとつの選択肢です。
ほかにも、春夏用スーツによく使われる素材としてアンゴラヤギの毛を使ったモヘアがあります。モヘアを使用したスーツは夏でもひんやりとした着心地で、暑い時期でも快適に着用することがメリットです。また、光沢もあるため、高級感が出る素材でもあります。

 

インナーや小物でも春の雰囲気を演出して!

スーツそのものだけではなく、中に着るインナーや小物などにも凝ってみるとおしゃれを楽しむことができます。たとえば、ビジネスシーンではインナーに白を着ることが多いはずです。もちろん、白が定番であることに違いありませんが、サックスブルーやクリームイエローなど淡い色のインナーを選ぶと春らしさを演出できます。もし、スーツの中にベストを着る場合、ライトグレー程度の軽い印象のものを選ぶと春らしいでしょう。あとは、ポケットチーフなどの小物やソックスなどもスーツの色に合わせて選ぶと、トータルでバランスが取れます。おしゃれにスーツを着こなしたいなら、インナーや小物などで春の雰囲気を演出してみるといいでしょう。

 

機能性を意識して春のスーツを選ぼう

春に着るスーツを選ぶときは、夏に向けて暑くなることも考慮に入れて、機能性だけではなく生地の種類にも注目して選ぶことが大切です。ONLYでは機能性が高いうえに、デザイン性にも優れたおしゃれなスーツを扱っております。店舗はもちろんECサイトでも、おしゃれなオーダースーツを注文することが可能です。春に着るのにピッタリな、軽やかで素敵なスーツを選んでみてはいかがでしょうか。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH