ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

未分類

大人の魅力がステキ!ネクタイでスーツ姿をおしゃれに見せるコツ

2018/03/15

  • スーツの着こなし・コーデ術

 

マンネリになりがちなスーツのコーディネートをおしゃれに見せてくれるのがネクタイです。ひとくちにネクタイといっても柄や色味、生地感によっていろいろな種類があります。スーツとシャツの色や柄とネクタイとの組み合わせは数限りなくあるので、自分に合ったスタイルを探しましょう。もっとも、おしゃれなコーディネートをするにはいくつかのポイントがあります。コーディネートを一歩間違うと主張しすぎたり、逆にダサい印象を与えたりしてしまうので注意が必要です。そこで、今回はネクタイでスーツ姿をおしゃれに見せる方法やポイントを紹介します。

 

ネクタイピンを使ってみる

ネクタイでコーディネートを決めるときに欠かせないアイテムがネクタイピンです。「ネクタイピンなんて普段使わない」という方はぜひこの機会に一度使ってみましょう。本来の用途はネクタイが乱れないようにつけるものですが、スーツ姿にアクセントを与えるおしゃれアイテムでもあります。ネクタイピンにもいろいろな種類がありますが、オフィスやビジネスシーンで使うことを考えてシンプルなデザインのものを選びましょう。装飾が華美なものはオフィスに適しません。ネクタイピンの多くは金、銀、プラチナ系なので装飾がなくても十分おしゃれなアクセントになります。基本的にビジネスシーンではワニ口式かクリップ式のネクタイピンが定番です。フォーマルシーンやパーティーではスティックピンやタイタックなどが華やかでおしゃれです。

 

ネクタイピンをつける位置はどこ?

普段ネクタイピンをつけない人はネクタイピンをつける位置に迷うかもしれません。ネクタイピンはスーツを着るときのスタイルによってつける位置が変わってきます。まず、ジャケットのボタンを締めるときは、ジャケットのVゾーンから見える位置、ジャケットの第一ボタンの少し上につけましょう。つけるときは、ネクタイの大剣と小剣、シャツをまとめて右から左に挟みます。ジャケットから少し見えるくらいの位置がおしゃれに見えるポイントです。ジャケットのボタンを開けるときやワイシャツのみの場合は、ワイシャツの第4ボタンの下辺りが定位置になります。食事を取るときなどジャケットを脱いでもネクタイが垂れないので便利です。また、ベストを着るときは、ジャケットのみの場合よりVゾーンの先端が上になるので、少し上につけましょう。

 

ネクタイのみで勝負するならハイブランドを1本

ファストファッションで安くてデザイン性に優れたネクタイはたくさんあります。お店でパッと見たときには「オシャレだしこの値段なら」と思い買ったことがある方も多いでしょう。しかし、ネクタイ1本でコーディネートを決めるときに安いネクタイでは「品」が出ません。安いネクタイは値段相応の生地や縫製になっているからです。この点、ハイブランドのネクタイは縫製や生地の質が高く、無地のシンプルなネクタイであっても、しっかりと存在感が出ます。商談やプレゼンなど勝負のときでもハイブランドネクタイを1本持っていると、威厳を出しやすいでしょう。また、ネクタイは結んだりほどいたりを繰り返します。安いネクタイではすぐに傷んでしまうので、長い目で見てもブランドもののネクタイを1本は買っておきましょう。高級ネクタイを選ぶときのポイントは「ロゴが入っていないネクタイを選ぶこと」です。ブランドロゴが入っているネクタイだと、必要以上にアピール感が出てしまうので、表地にロゴが入っていないデザインのほうがよいでしょう。

 

ネクタイでおしゃれに見せるならコーデの基本を押さえよう

おしゃれなネクタイを締めていても、スーツとのコーディネートがイマイチだとおしゃれ度は半減してしまいます。しかし、「ネクタイとスーツのおしゃれな組み合わせなんて分からない」という方も多くいます。そんな方はスーツと同系色のネクタイを選び、濃淡で変化をつけてみましょう。柄や生地感などは気にしなくてよいので一番簡単でおしゃれに見えるコーディネートです。もっとおしゃれにこだわるのならば、柄物を取り入れるか反対色(ネイビーと黄色、茶色と水色など)を合わせてみましょう。柄物を入れるのであれば、その他は無地にするのが鉄則です。柄物が2つ以上あると主張しすぎるのでビジネスシーンには適しません。また、反対色を取り入れるときはメインカラーとアクセントカラーを決めておくのがポイントです。ネイビーのスーツに黄色のネクタイを合わせる場合は、ネイビーがメインカラー、黄色がアクセントカラーになります。

 

派手すぎるネクタイはNG

おしゃれなネクタイとはいえ、柄が派手すぎるネクタイは控えましょう。柄物のネクタイは洗練さに欠けるケースが多く、おしゃれ上級者以外は避けたほうが無難です。それでも「柄物のネクタイを使いたい」という方は、シャツやスーツで調整しましょう。ネクタイが柄物でシャツがチェック柄、スーツがストライプなどはそれぞれが主張しすぎるので要注意です。もっとも、ネクタイとシャツを合わせるときでもストライプの太さや色に変化をつければおしゃれに見せることができます。また、たくさんの色を使っていると見た目にうるさく感じてしまいます。配色は多くても2色か3色のネクタイを選びましょう。無地や単色のネクタイも柄物のシャツやスーツと合わせやすいので持っておくと便利です。

 

ネクタイの素材で変化をつけよう

ネクタイも素材によって印象は大きく変わります。シルクは光沢があり上品な印象になるのでビジネスシーンではもちろん、フォーマルでも着用できます。冬はウール素材のネクタイを選ぶと良いでしょう。ウール素材は見た目にも温かく季節感も演出できます。逆に、夏は麻のネクタイで涼しげな雰囲気を演出すると、季節感を捉えたコーディネートになります。また、変化をつけるならニットのネクタイがおすすめです。ニットは素材感が出やすくおしゃれ度がアップします。ただし、カジュアルな印象にもなるため服装の自由度が低い職場では着用しないほうが無難です。

 

ビジネスマンのおしゃれはネクタイにあり!

「どんなネクタイをつけているか」でビジネスマンのおしゃれは決まるといっても過言ではありません。ネクタイは胸の位置にあるので全身の中でも一番目に入りやすいものです。パッと見たとき、おしゃれかどうかはネクタイとスーツ、シャツのバランスで決まります。ビジネスの場で第一印象が重要なのはいうまでもないでしょう。「この人は仕事ができそうだな」「細かいところにまで気を配っている」と思わせるのもビジネスにおけるテクニックのひとつです。相手に好印象を与えるためにも、自分に合ったおしゃれなデザインのネクタイを探してみましょう。

 

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH