ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

未分類

シャツのデザインは多種多様!?種類を徹底解説

2018/04/05

  • スーツのシーン別マナー

 

シャツはスーツと一緒に着用される場合が多いアイテムです。シンプルでどんなスーツにも合わせやすいものが多いですが、生地・柄・襟などアクセントとなる箇所のデザインはシャツによって異なります。デザインやスタイルの組み合わせによってさまざまな印象を与えることが可能です。自分の好みのデザインを選べば、スーツを着用していても十分に個性を出せます。全体の雰囲気をまとめるためには、あらかじめシャツの種類と特徴を把握しておき、おしゃれに見えるように組み合わせるのが大切です。この記事では、バリエーションが豊富なシャツの種類について解説します。

 

シャツの生地の種類

シャツは布で作られているため、どんな生地が使用されているかで分類できます。一般的な生地の種類は10種類といわれています。
ブロードは、ビジネスシーンでよく着用されているシャツの生地です。無地のデザインが多く、糸が細いほど柔らかく光沢が増す魅力を持っています。オックスフォードは、ボタンダウンシャツのようにカジュアルなシャツに用いられています。適度な厚みや硬さがありますが通気性がよく、丈夫でシワがつきにくいのが特徴です。上品さや高級感を強く感じられるのがサテン生地です。表面が滑らかで、強い光沢感があります。摩擦に弱くデリケートな素材なので、扱いには注意が必要です。シャツをはじめ、アウターやパンツにも使用される生地が、デニム生地になります。厚いため耐久性に優れ、ウォッシュ加工によって印象が変化するのが特徴です。シャンブレーは平織りで作られるので、カジュアルなシャツで使用されています。細かいチェック柄のように見え、カラー展開が豊富なのが魅力です。
ポロは鹿の子編みとも呼ばれ、高い通気性があります。さらさらした肌触りで、夏用の衣類やスポーツウェアに使用されている場合が多いです。コットンやウールで織られた生地がフランネルになります。毛が長いので保温性が高く、寒い時期に適している生地です。リネンは、亜麻糸を使用して織られています。丈夫で吸水性が高く汚れにくいので、清涼感を感じられるのが特徴です。ヘリンボーンは、山と谷のような独特の模様を持っています。渋さや高級感があり、あまりシワがつきません。毛が長く保温性に優れているのが、コーデュロイになります。優しい暖色系の色が多く、温かいので冬に活躍する生地です。

 

シャツの柄は主に3種類

シャツには無地のものが多いイメージですが、シーンに応じて柄や模様が入ったシャツを選べば、遊び心のある演出ができます。一般的にシャツに用いられている柄はストライプ、ドット、チェックの3種類です。
一般的に縦線で表現される場合が多いストライプは、線の太さや色の数によって印象が変わります。線を斜めに揃えたデザインなども人気があり、縦長のシルエットが強調されるのでスタイルがよく見えるといわれています。
ドットは水玉模様とも呼ばれ、カジュアルな印象を与える柄です。ドットの大きさや間隔の規則性によってさまざまな種類に分かれています。大人な雰囲気からポップな雰囲気まで、幅広いイメージを与える柄です。
色や模様の種類が多いのが、チェックになります。色の組み合わせが幅広いので、カジュアルなスタイルに取り入れられる場合が多いです。

 

7種類ある襟のタイプ

襟のデザインもアクセントとしてさまざまな種類があります。一般的に使用されているタイプはレギュラーカラーをはじめ、7種類です。
開き具合や長さが標準的で、最もオーソドックスなタイプといわれているのがレギュラーカラーです。開きが大きくフォーマルな場でも着用できるのがワイドスプレッドカラーになります。どんなシーンでも幅広く対応できるのが特徴です。ラウンドカラーは、襟先が丸く加工され、優しさや可愛らしさを表現できます。
襟先をボタンで留めるデザインなのがボタンダウンカラーです。カジュアルな印象でも、すっきりとまとめたいときに適しています。水平を意味する名前が付けられているのがホリゾンタルカラーです。襟の開き具合が最も大きく、ネクタイの有無で印象を工夫できる魅力があります。襟羽の折り返しがなく、首に沿ったタイプの襟がバンドカラーです。カジュアルな着こなしに向いており、ボタンを外すと余裕のあるイメージを与えられます。イタリアンカラーは、ネックラインがV字になるタイプです。ボタンを外すとラフ感を出せるので、雰囲気の変化を楽しめます。

 

スタイル別の種類は?

 

シャツのスタイルやデザインは、全体のイメージを大きく左右します。着用する目的や受け取るイメージによって選ぶのが重要です。
スーツの下に合わせるシャツとしては、ワイシャツが一般的です。ドレスシャツやカッターシャツとも呼ばれています。もともとはインナーとして使用されていたので、胸ポケットが付けられていないデザインもあるのが特徴です。
ワークシャツは、作業を行うために作られたシャツになります。デニムやダンガリー、シャンブレーを使用している製品が多いため、作りが丈夫です。ラフなイメージが強く、ストリートファッションの定番といわれています。
ブロッキングシャツは複数の異なる生地を組み合わせて作られた生地です。色や切り返しのデザインによって特徴のあるデザインが魅力になります。
軍隊で着られていたシャツがミリタリーシャツです。ワークシャツの一種とされているので、両胸にポケットがあったり丈夫な生地で作られたりしています。
ウエスタンシャツは、アメリカ西部のカウボーイが着用していたシャツが起源です。胸ポケットの蓋やスナップボタンなど独自の特徴があります。
襟と袖部分が白無地のデザインに仕上げられているのがクレリックシャツです。色の変化がアクセントとなり、クラシックで知的な雰囲気を演出できます。派手過ぎないので、ビジネスからカジュアルまで幅広いシーンに対応可能です。
ロングシャツは、通常よりも丈が長いのが特徴です。丈の長さを活かして自由にコーディネートができるのが魅力になります。ラフな印象を与えるので、カジュアルな服装をしたいときに適しています。

 

 

理想のデザインを選んでみて!

シャツには、デザインや生地の違いによってたくさんの種類があります。すっきりとした印象を与える・耐久性が高いなどそれぞれ特徴が異なるので、シーンに適したデザインを着用するのがおすすめです。同じようなデザインやスタイルをしていても、襟などのデザインが異なれば違う雰囲気を楽しめます。さまざまなデザインの中から、着用する目的に合わせて好みの種類を選びましょう。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH