ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

結婚式にはどんなスーツがいい?ゲストのスーツマナーまとめ

2018/04/05

  • スーツのシーン別マナー

 

結婚式や披露宴に出席するときは、スーツなどの略礼服を着用するのがマナーとされています。しかし、スーツの色やデザインには、さまざまな決まりがあるので注意が必要です。略礼服の着用に慣れていない場合は、あらかじめどんなマナーがあるのか知っておくのが大切なポイントになります。また、スーツの色を工夫したり小物を身に付けたりすれば、個性を演出することが可能です。マナーに沿った服装でありながらも、おしゃれな雰囲気に仕上げられます。ここでは、ゲストとして結婚式に参加する際に着ていくスーツのマナーについて解説します。

 

結婚式にNGなスーツって?

一般的に、目立つような色のスーツやネガティブなイメージを与えるような雰囲気の服装は、結婚式での着用に向いていないといわれています。結婚式などフォーマルな場に着ていくスーツを選ぶ際は、シーンに合った服装ができるよう特に注意しなければなりません。
例えば、白いスーツは新郎の衣装と色合いが似てしまうため、マナー違反の服装となります。白に近い明るいグレーやピンクなどの色も同様です。派手な色や柄が入ったスーツも悪目立ちしがちなアイテムになります。新郎より目立ってしまったり、周囲の雰囲気から浮いてしまったりするためです。控えめに見えるような無地のものを選び、派手な色や柄が使用されているアイテムの着用は避けましょう。
フォーマルな場にそぐわないカジュアルな服装も結婚式には向いていません。キャラクターがデザインされたネクタイ・ポケットチーフやボタンダウンのシャツ、太めのベルトは着用しないようにします。ラフな印象を与えてしまうリュックやトートバッグを持っていくのもマナー違反です。
また、不吉な印象を与える黒ネクタイも身に付けないように気をつけましょう。黒いスーツに黒いベストを組み合わせるコーディネートも、お葬式を連想させるような暗い印象になってしまいます。アイテムを選ぶ際は全体の雰囲気を考えるのも重要です。
結婚式では、ビジネススーツの着用も避けた方がよいといわれています。しかし、普段通りの着こなしではなく、フォーマルな場に適したアイテムをそろえれば、適切な服装として認められる可能性が高いです。

 

結婚式のスーツ選びの基本マナー

結婚式で着用するスーツを選ぶ際には、マナーを守ったコーディネートにするためのポイントがいくつかあります。これらのポイントをおさえれば、まとまりのある基本的なコーディネートができます。
結婚式でよく着用されているのは、黒の無地のジャケットです。ブラックスーツはフォーマルなシーンで着用する服装の基本といわれています。特に、高級感を与えるような光沢のある生地を使用したシンプルなデザインのものがおすすめです。結婚式にふさわしい華やかさを演出できます。最もフォーマルなデザインのジャケットは、1つボタンでラペルの先端が上を向いているデザインのものです。親族として出席する場合など、マナーを重んじる場合の着用に適しています。
インナーとして着用するシャツは、白い無地のものを選びましょう。悪目立ちせず、清潔感のある明るいイメージを与えられます。レギュラーカラー・ワイドカラーの2種類のデザインが基本です。袖口のデザインはシングル・ダブルのどちらでも結婚式での着用に適しています。
シャツとジャケットの間には、ジャケットと同じ色かグレーのベストを着用すると、さらに上品に見せることが可能です。ワンランク上のおしゃれを演出できます。
ジャケットに合わせるパンツは、シングルパンツが適切です。ジャケットと同じ布で作られたツーピースのスーツを購入すると、まとまりのある雰囲気を出しやすくなります。
靴は、高級な雰囲気と華やかさを感じさせる革靴を身に付けるのがマナーです。どんなコーディネートにも合わせやすい黒い色が適しています。一般的に、ストレートチップのデザインがよく着用されていますが、シンプルなデザインを好む場合はプレーントゥでも構いません。

 

おしゃれを演出する小物

 

さらにおしゃれをしたい人は、主張が強くなく、こだわりと個性を感じられる小物を身に付けるのがおすすめです。スーツに合わせる際の小物には、ネクタイピン・ポケットチーフ・カフスボタンがあります。全体の雰囲気や好みに合わせて選びましょう。
ネクタイピンは、全体のワンポイントとして取り入れるアイテムです。結婚式の服装において、身に付けていなくてもマナー違反にはなりません。お気に入りのネクタイピンを持っている場合は着用するとおしゃれに見えます。ネクタイピンは小さいので、派手な色や目立つデザインのものでも着用可能です。
小物類のなかでも手軽に取り入れられるのがポケットチーフです。ポケットチーフを挿しているだけで、華やかで上品な印象に仕上げられます。一般的に、結婚式で用いられるポケットチーフの色は白です。リネンやシルクの素材で作られたものが多く使用されています。ポケットチーフに慣れていない場合は、扱いやすいシルク素材のものが適しています。ポケットに挿すときの折り方にはさまざまな種類があるので、雰囲気の変化を楽しめます。
カフスボタンは、袖口のおしゃれを演出できるアイテムです。昼の式であれば白蝶貝で作られたもの、夜の式であれば黒蝶貝か黒オニキスを使用したものを身に付けるのがマナーとされていましたが、時代の変化に合わせ、そのような感覚も薄れてきています。派手過ぎず、カジュアルでないデザインのものを選びましょう。

 

ゲストでも結婚式でのスーツにこだわろう

結婚式で着用する服装としては、ジャケットとパンツの雰囲気が統一できるスーツがおすすめです。服装の色・素材・デザインはマナーに応じて選ぶ必要があります。高級感や上品さを演出しつつも、目立ち過ぎないよう控えめにするのが基本です。ネクタイピンやカフスボタン、ポケットチーフなどの小物を身に付ければ、ワンランク上のおしゃれができます。小物のデザインやポケットチーフの折り方を工夫すると、より個性を出すことも可能です。
結婚式は大切なイベントであり、さまざまな年代の人が集まるためマナーが重要視される場です。マナーを守るという意味でも、結婚式で身に付けるスーツの着こなし方にはこだわりを持ちましょう。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH