ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

結婚式や披露宴でグレーのスーツを格好良く着こなす方法

2018/05/07

  • スーツのシーン別マナー

 

結婚式や披露宴に呼ばれた時、多くの男性は黒色のスーツを選ぶかもしれません。確かに、黒のスーツは正装にふさわしく、白の衣装を着ることの多い新郎新婦を引き立ててくれます。しかし、黒のスーツを選んでしまうと、多くの人と似たような色や形のスーツで参列することになるかもしれません。そこで、他の参列者と差をつけるべく、「グレー」のスーツを選んでみてはどうでしょうか。グレー色のスーツは気品があってシャープな印象を出してくれるため、大人カッコいいスーツとして人気があります。ここでは、結婚式や披露宴、二次会などでグレーのスーツを格好良く着こなす方法を解説します。

 

 

ダークとライトで変わる印象

 

グレーのスーツと言っても、その色合いはさまざまあります。まず、多くのビジネスマンに人気の色が「ダークグレー」です。ダークグレーは黒に近いグレー色であり、普段のビジネスシーンにはもちろん、冠婚葬祭にいたってもオシャレな雰囲気を演出してくれます。ダークグレーは落ち着きや深みのある印象になるため、着こなす人が若かったり、童顔だったりしても、大人カッコいい印象を出すことができるでしょう。
また、「チャコールグレー」も深みを帯びたグレー色です。ダークグレーと似ているものの、こちらの方が木炭の色といった意味合いがあるように、ブラックとグレーの境界線にある、より深みを帯びた色になります。チャコールグレーは全体的にエレガントな印象になるため、結婚式といった場所にふさわしい色です。単色でもクールな印象を与えますが、チェック柄といったアクセントを加えても魅力的なデザインになります。
そして「ライトグレー」は明るい印象を出してくれるスーツです。ビジネスシーンでは多くの人が着用している色でもあるので、結婚式ではややカジュアルな印象があるかもしれません。そのため、ライトグレーのスーツで参列を考えている場合は、光沢のある素材や薄くストライプが入っているタイプがおすすめです。こうした素材をえらぶことによりカジュアル感を抑え、参列者にふさわしい落ち着いた印象を出すこともできるでしょう。

 

 

結婚式のグレースーツに合わせるネクタイは?

どれだけオシャレなグレースーツを選んでも、ネクタイとの相性が悪ければ、見た目の印象は悪いものになってしまいます。グレーは多くの色と相性が良いのですが、結婚式に相応しいネクタイはどのようなものが良いか、具体的に見ていきましょう。
まずはフォーマルの定番である「シルバー」や「ゴールド」といったネクタイです。そうは言っても、もちろんキラキラ輝くものではなく、シルバーのネクタイはどちらかと言えば「ライトグレーに近い色」がおすすめです。一見すると同系色に見えるシルバーのネクタイですが、少し違う色合いを出すことによりスタイリッシュな印象を出すことができます。また、ゴールドのネクタイもどちらかというと「ブラウン系ゴールド」を選びましょう。ブラウン系ゴールドはグレースーツと相性が良く、1本持っていれば何かとフォーマル時に活躍します。
そして、「パステルピンク」や「スカイブルー」といった淡くて華やかに見えるネクタイもおすすめです。一見派手に見えるようなネクタイでも、グレーのスーツと合わせることで程よい落ち着き感を出すことができます。結婚式などのおめでたい華やかな席では、ネクタイもパステルカラーにすることで、オシャレ感が増し、ちょうど良い存在感をアピールすることができるでしょう。

 

 

結婚式のグレースーツに合わせるシャツ

グレースーツに合わせるシャツは、基本的に白を選んでおけば間違いはありません。ネクタイの色にもよりますが、白色のシャツはグレースーツと相性が良いのはもちろん、多くのネクタイに合わせやすく、ポケットチーフなどの小物もオシャレに演出してくれます。白シャツは多くの冠婚葬祭で用いられるベーシックな色であり、フォーマルな場で失敗することのない色でしょう。
襟の形は「レギュラーカラー」、そで口は「シングルカフス」が良いでしょう。襟の形にこだわりたい方は、レギュラーカラーよりもやや襟幅が長いワイドカラーもおすすめです。襟の開き方がレギュラーよりも広いため、首元をきれいに見せてくれます。しかし、ショートポイントカラーといった襟幅が短いものは、カジュアルな印象があるため結婚式には向いていません。
そして、白シャツ以外のシャツを選びたい場合は、ネクタイとのバランスを見て考えましょう。淡い「サックスブルー」は白シャツと同じように多くのネクタイとの相性が良く、カラーシャツの中ではおすすめです。しかし、遠目から見てもチェックやストライプの柄が見えてしまうようなシャツは、カジュアル感が強いためおすすめできません。基本的に、フォーマルシーンにおいて派手な柄や色のあるシャツは、カジュアルでちぐはぐな印象になってしまうため、NGです。

 

 

結婚式のグレースーツに合わせる小物

結婚式のグレースーツに合わせる小物は、男性の場合「ポケットチーフ」があります。女性の場合、ネックレスやピアス、ヘアアクセサリーやカバンなど、多くの小物を用意する必要があるでしょう。しかし、男性の場合は基本的に小物を身につけることがありません。だからこそポケットチーフにこだわったり、ネクタイの色や形を工夫してみたりと、一点の小物にオシャレ感を出すよう工夫してみましょう。
ポケットチーフは基本的にスーツの左胸に差し込み、さりげなく色を演出する小道具です。シャツやネクタイの色と合わせるとオシャレになります。そのため、ネイビーのネクタイにはネイビーのポケットチーフを、ドット柄のネクタイにはドット柄のポケットチーフを差すと、バランスが取れてスタイリッシュな印象になるでしょう。また、あえてポケットチーフだけ赤色を差し込むといったテクニックもあります。ポケットチーフの色でアクセントをつける方法は何かと便利なので、スーツを購入する際に店員さんからアドバイスを聞いておくと良いでしょう。
そして「アスコットタイ」を使う方法もあります。アスコットタイは礼装で着用される「幅広の蝉型ネクタイ」であり、スカーフのように首元で結んだり、タイリングでとめたりして、首元をオシャレに演出することができます。結び方や巻き方によって表情が変わり、非常にエレガントな印象になるでしょう。ビジネスシーンでは活用できないことが多いので、フォーマルシーンで活用し、首元のオシャレを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

グレーのスーツは結婚式でも大活躍!

結婚式のスーツは徐々にカジュアル感が広がり、黒ではない色のスーツを着こなす人が増えてきました。中でもグレーのスーツは清潔感があり、正装としての基本を守りながら、スタイリッシュに着こなすことができます。黒と違って重みを感じさせず、たくさんの色合いのネクタイで遊び心を演出できるのも魅力でしょう。グレーのスーツは汎用性が高く、着こなし次第で華やかなオシャレができます。結婚式といったフォーマルシーンがあるときは、ぜひグレースーツを着こなして、華やかな時間を楽しみましょう。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH