ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

大きいサイズのスーツをスタイリッシュに着こなすポイント

2018/05/22

  • スーツの着こなし・コーデ術

 

ビジネスシーンにおいて欠かせないスーツ。スーツをスマートに着こなしている人は、バリバリと仕事をこなしそうな格好良い雰囲気をまとっているものです。ただ、スマートな着こなしを目指すときに、頭を悩ませがちなのがふくよかな体型の人です。大きいサイズのスーツは展開が幅広く、自分の体型に合うものを探すことは至難の業といえます。 ふくよかな人がスーツを選ぶ際は、いくつかのポイントに注目することが肝心です。自分に似合うスーツの選び方を把握して、スタイリッシュな着こなしを目指しましょう。ここでは、ふくよかな人がスーツを選ぶ際のポイントや、着こなしのコツについて解説します。

 

ふくよかな人がスーツを選ぶうえで注意するポイント

ふくよかな人がスーツを選ぶうえで最も重要になるのが「自分の体型に合う」ものを選ぶということです。ふくよかな人と一口にいっても、お腹周りがぽっこりと出ていたり、下半身にボリュームがあったりと、体型やサイズは人によってさまざまです。スーツをスタイリッシュに着こなすのなら、ウエストが大きめだったりボトムスの作りにゆとりがあったり、自分の体型をうまくカバーしてくれるものを選ぶことが欠かせません。しかし、すでにサイズが決まっている既製品のスーツのなかから、自分の体型にぴったりフィットするものを探すことは難しいのが現状です。そのため、スマートな着こなしを叶えるのに一番おすすめなのは、やはり「オーダーメイド」です。スーツは「身長」「首回り」「ウエスト」、それに加えて「足や腕の太さ」「丈の長さ」がぴったり合っていると、格好良い着こなしになるとされています。オーダーメイドならきちんとサイズを測定して自分の体型に合ったスーツが手に入り、締まりのある着こなしを叶えることができるでしょう。

 

既成の大きいサイズのスーツはNG?

スタイリッシュな着こなしを求めるのであればオーダーメイドがおすすめですが、既製品に比べるとややコストがかさみやすいため、予算の都合から難しいという人もいるでしょう。ふくよかな人が既製品の大きいサイズのスーツを選ぶことは、必ずしもNGというわけではありません。ただ、既製品のスーツは体にうまくフィットせず、ものによってはパンツやジャケットがだぶついたり、シワが寄ったりする可能性があります。だぶついたシルエットのスーツを着用すると、余計に体が大きく見えてしまう原因につながるため注意が必要です。 体型に合わないスーツを選んでしまうリスクを避けるためにも、既製品の大きいサイズのスーツを選ぶ際は、必ず「試着」をすることが大切です。いくつかのスーツを試着してサイズ感を比べることで、自分の体型に近いスーツを選びやすくなります。また、少しのお直し程度であればやってもらえるお店に行くこともポイントです。お直しをやってもらえるお店であれば、より満足のいくシルエットのスーツを手に入れやすくなります。

 

ふくよかな人におすすめのスーツの色は?

 

すっきりとした着こなしを叶えるには、サイズだけではなく「色選び」も重要なポイントです。色はそれぞれの種類によって、人の心に与える影響が異なります。色の効果をうまく取り入れてスーツ選びを行うことで、ワンランク上の着こなしを目指しやすくなります。ふくよかな人は、基本的に「収縮色」「後退色」のスーツを選ぶことがおすすめです。これらの色は一般的に寒色系のことを指します。白やベージュのような淡い色は膨張色に分類され、太っている印象を与えてしまうリスクが高まります。スリムな印象を与えるためには、このような膨張色は避けて、「ダーク系」の色を選ぶことが大切です。たとえば、ビジネススーツの定番ともいえるダークグレーやチャコールグレーのスーツは、引き締まった印象を与えてくれます。また、パキッとした色味の「ネイビー」も、上品でキリッとした印象を演出してくれるおすすめの縮小色です。さらに、縮小色のスーツは「ストライプ柄」を選ぶと、スリムの演出に役立ちます。ストライプは縦ラインが強調され、スマートな印象を強調してくれるのです。線の細い「ピンストライプ」や上品なツヤがある「シャドーストライプ」などのスーツなら、悪目立ちしにくくビジネスシーンにもふさわしい装いになります。ストライプ柄が与える印象をうまく活用して、シルエットのコントロールに役立ててみてはいかがでしょうか。それから、膨張して見えるおそれがある「ライトグレー」のスーツは、基本的に選ばないことが無難です。ただ、なかには明るい色味のスーツが好みだという人もいるでしょう。そのような場合は、3ピースでベストとパンツをダークグレーのような縮小色で引き締めるという方法があります。縮小色をうまく取り入れれば、ジャケットにクリーム色やベージュなどを持ってきても膨張して見えず、すっきりとしたスレンダーな印象を叶えられるでしょう。

 

大きいサイズを選ぶときの着心地ポイント

スーツは仕事中の長い時間着用するものだからこそ、着心地にこだわって選ぶことが肝心です。 特に、着心地のポイントとしてチェックすべきなのが「ウエスト」です。ふくよかな人はウエストのサイズが大きいケースが多く見られます。そのため、ウエストが締まっているスーツを選ぶと、着用中に窮屈感や圧迫感を感じてしまう可能性があります。快適な着心地を叶えるには、ウエストが一部ゴムになっているものを選ぶのも良い手です。ゴムは伸縮性があるため立ったり座ったりしても、着ている最中にお腹が苦しくなる心配がありません。 さらに、「生地」に注目することもポイントです。ストレッチが効いている生地は着用時のシルエットが美しいだけではなく、体の動きにフィットするためストレスのない着心地が手に入ります。また、伸び縮みする生地はつっぱりが少なく、足腰が楽に感じやすいことも大きなメリットです。

 

大きいサイズのスーツは自分にあっているかが重要

スーツの美しい着こなしは、体型に合っているかどうかが最重要ポイントです。大きいサイズのスーツはふくよかな人が着ても、不自然にシワが寄ったりダボついたりするケースがあるため、サイズ感に充分注意して選ぶ必要があります。 また、予算に余裕がある場合は既製品よりも、オーダーメイドスーツを選ぶことがおすすめです。体型にぴったりのスーツを作ることで自分の魅力を最大限に引き出せる、ハイセンスな着こなしを実現させられます。紹介したいくつかのスーツ選びのポイントを押さえて、スマートな装いを目指しましょう。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH