ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

脱マンネリ!スーツのコーディネートに変化をつけるおすすめアイテム

2018/05/22

  • スーツの着こなし・コーデ術

 

ビジネスマンにとって、欠かせないアイテムが「スーツ」です。しかし、毎日スーツを着ていると、着こなしがマンネリ化して困ってしまう人も多いのではないでしょうか。スーツのコーディネートに変化をつけるには、ビジネスシーンでも浮かないアイテムをプラスすることが大切です。いくつかのポイントを押さえておくことで、いつものコーディネートをワンランク上の印象に近づけることができます。ビジネスマナーを守りつつ、コーディネートを華やかに見せるアイテムの使い方を把握しておきましょう。ここでは、スーツのコーディネートに変化をつけるためのアイテムについて紹介します。

 

ニットベストで温かみを出してみて

コーディネートのマンネリ化を防ぐには、「ニットベスト」をプラスすることがおすすめです。ジャケットの下に着用できるニットベストを何着か持っておくと、同じスーツであっても印象を大きく変えることができます。さらに、ベストは体型がスマートに見えやすくなることや、寒い季節は防寒対策になることが魅力です。ニットベストをうまくコーディネートに取り入れることで、大人の洗練された印象を高めることができます。ニットベストの色は、ホワイトやグレー、ベージュなどを選ぶと無難です。これらの色はどんな色とも相性が良く、スーツやネクタイとのコーディネートがしやすいというメリットがあります。ベストの色によってコーディネートの印象が変わるため、理想的なイメージから色を選ぶのも良いでしょう。たとえば、知的で落ち着いた印象を目指すのなら寒色、明るく朗らかな印象を目指すのなら暖色を選ぶことがおすすめです。ニットベスト以外では「薄手のニットカーディガン」をスーツに合わせるのも良い手です。寒い冬場はニットカーディガンを1枚羽織ることで、温かく快適に過ごしやすくなり、一石二鳥のコーディネート術といえます。

 

ポケットチーフが数枚あると変化を出しやすい

スーツといえば、ネクタイを用いてコーディネートの変化を楽しむ人が多く見られます。ネクタイ以外で変化をプラスするには、「ポケットチーフ」が便利です。ポケットチーフは普段のビジネスシーンだけではなく、フォーマルシーンまで幅広いシーンで活用できることが魅力です。数枚ポケットチーフを用意しておくとコーディネートの幅が広がり、スーツスタイルにフレッシュさを与えられます。仕事中は白いポケットチーフを「TVホールド」のたたみ方で、胸ポケットに忍ばせておくことがおすすめです。TVホールドのたたみ方なら悪目立ちする心配が少なく、ビジネスシーンでも手軽に胸元のおしゃれを楽しめます。TVホールドのたたみ方は、まずポケットチーフを広げて、縦半分に折ります。長方形のような形になったら、その状態から横半分に折り、正方形に近い状態にしましょう。次に、ポケットの大きさに合わせて三つ折りにします。その後、ポケットの深さに合うように下の部分を折り返せばOKです。また、仕事が終わって遊びに出かけるときは、「パフ」や「クラッシュ」など華やかなたたみ方に変えるのも良い方法です。パフはふんわりとした膨らみがカジュアルな印象が強めて、スーツを華やかな印象に導いてくれます。色や柄が目立ちやすいたたみ方なので、コーディネートの良いアクセントとして役立ちます。パフのたたみ方は、ポケットチーフの中央を軽くつかんで、上部が見えるようにポケットに入れることがポイントです。続いて、ポケットチーフのもたつく部分を広げて、サイズと膨らみの調整を行えば完成です。クラッシュは遊び心のあるスタイルが特徴で、ぐっとおしゃれな印象を高めてくれます。カジュアルシーンにはもちろん、パーティシーンにもぴったりのたたみ方です。クラッシュは、ポケットチーフの中央を優しくつかみ、そのまま手を逆さにします。それから、ポケットのサイズに合わせて形を決めていきましょう。最後に、ポケットからポケットチーフの四隅を出して、花びらのような形に整えたらフィニッシュです。

 

チェック柄のスーツに挑戦してみよう

ビジネスマンのスーツといえば、無地や細いストライプなどの無難なデザインを連想しがちです。無地やストライプ柄に加えて「チェック柄」をワードローブに取り入れることで、コーディネートの幅を広げることができます。チェック柄にはさまざまな種類があり、職場によってはNGだという場合もあるでしょう。しかし、チェック柄の大きさや色味を考慮して選べば、問題なく着用できるデザインは数多くあります。 たとえば、「タータンチェック」「ウィンドウ・ペンチェック」「千鳥格子柄」は上品な印象が強く、ビジネスシーンにもおすすめのデザインです。チェック柄のスーツを選ぶ際は、「生地とチェックの色」に注目することもポイントといえるでしょう。生地とチェックの色が同系色であれば、悪目立ちせず派手さを押さえたコーディネートに仕上がります。いろいろな種類を試して自分にぴったりのチェック柄を見つけることが、おしゃれな印象を叶えるための近道です。

 

カジュアルダウンしたいときはタートルネック

いつものスーツを目新しい印象にするには、インナーを「タートルネック」にすることもひとつの手です。タートルネックなら、スーツを上品にカジュアルダウンさせられます。タートルネックを着用する際は、スーツと同系色を選ぶことが基本です。同系色を選ぶことでコーディネートがしやすくなり、統一感のあるスタイルに近づけます。それに加えて、きちんと感を演出するために、タートルネックはジャストサイズを選ぶことがポイントです。大きめサイズだとラフな印象が強くなり、ビジネスシーンにそぐわない印象を与えてしまうおそれがあるので注意しましょう。色はホワイトやベージュなどを選ぶと、肌なじみが良くコーディネートしやすい傾向です。さらに、グレーやネイビー、ブラックなどの色もおすすめです。落ち着いたカラーは大人の魅力を引き出し、スーツスタイルを上質な印象に導いてくれます。

 

いろいろなアイテムでスーツのコーディネートを楽しんで

スーツとネクタイだけだと、コーディネートに幅を持たせるのはどうしても難しいことといえるでしょう。しかし、スーツと好相性なニットベストやポケットチーフなどをそろえることで、いつものコーディネートに変化をつけることができます。また、チェック柄のスーツやタートルネックを取り入れることもおすすめです。スーツに合わせられる自分好みのアイテムをそろえて、さまざまなコーディネートを楽しみましょう。

 

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH