ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

スマートにキメたい!基本のスーツ着こなし術

2018/02/16

  • スーツの着こなし・コーデ術

 

ふと鏡を見たとき、スーツの着こなしが上手くできていないと、「スーツを着てもなかなか様にならない」と悩んでしまうものです。また、いつも同じようなスーツの着こなしばかりをしていると、スーツ姿にも変化をつけたいと思うことがあるのではないでしょうか。
仕事で頻繁にスーツを着る場合は特に、スーツの着こなし術についてもしっかりと心得ておくことが大切です。基本となるスーツの着方を知っておき、スマートなスーツの着こなしを目指しましょう。
この記事では、スーツをスマートに着こなすためのポイントなどを解説していきます。

 

 

見た目が残念… スマートに見えないスーツの着こなしとは?

 

スマートに見えないスーツの着方には、いくつかの特徴が挙げられます。
例えば、スーツが身体に合っておらずダボダボの場合は、やはり見た目が残念な印象となってしまうでしょう。スーツ選びでは、ジャケットの肩や背中、胸周り、着丈などのラインが自分の体格にフィットしていることが理想的といえます。次に、スーツにシワがよっていると、どうしてもだらしなく、清潔感がない印象の原因となってしまうのです。また、スーツに白い靴下を履いているのも、ビジネスシーンではNGとされています。靴下の色はスーツに合わせて、黒・ネイビー・グレーを選ぶようにしましょう。さらに、シャツの柄が派手過ぎると、スマートには見えません。
シャツはシンプルなものでも好印象をもたらすことができるため、シワや汚れのない清潔なものを用意しておくことが大切です。スマートに見えないスーツの着方をしていると、男性としても、またビジネスマンとしても格を下げてしまうことにもつながります。
自分の普段のスーツの着こなしを振り返ってみて、必要に応じて改善していきましょう。

 

基本のスーツ着こなし術1.サイズ感

スマートなスーツの着こなし術の基本を押さえておき、普段の着こなしにも取り入れていきましょう。
スーツをスマートに着るためには、サイズ感に着目する必要があります。具体的には、ジャケットを合わせるときには、肩幅で合わせることがポイントです。肩が合っていないジャケットは、みっともなく見えてしまいます。肩が落ちていないかなど、ジャケットを購入する前にしっかりとチェックしておきましょう。
次に、ビジネスシーンのスーツなら、パンツの丈はハーフクッションが主流です。ハーフクッションとは、パンツの裾が足の甲に軽く触れるくらいの丈を指しています。これまでは、靴の甲の上にパンツの裾がしっかりとのったワンクッションが定番とされていましたが、スーツがスリム化したことが影響して、ハーフクッションの着こなしが多くの男性に好まれているのです。パンツの裾が靴の甲にあたらない長さのノンクッションは細身のパンツには適していますが、カジュアルなイメージになってしまいます。
一方で、ワンクッションの場合は、ダボっとした印象でだらしなく見えてしまうので注意しなければなりません。
パンツの丈にもしっかりと気を配ると、よりおしゃれなスーツの着こなしができるようになります。また、スーツの袖口からシャツの袖が1~2センチほど出るようにすると、きれいに着こなしているように見えるのです。
ジャケットだけではなく、シャツの袖丈などにも気をつけると、自分に体型にフィットした着こなしができるといえるでしょう。

 

基本のスーツ着こなし術2.身だしなみ

スーツを着こなすためには、身だしなみにも気をつけましょう。スーツやワイシャツは、着ているとシワがついてしまいます。シワがついたまま着ているとだらしなく見えてしまうため、スーツやワイシャツのシワはアイロンがけをして小まめに取るようにしましょう。
また、清潔感をキープするためには、スーツについたホコリも毎日取ることが大切です。そして、同じスーツを2日連続で着用するのはNGと知っておきましょう。同じスーツを続けて着ていると、スーツが湿気を吸ってしまいます。生地が湿気を吸った状態で着続けていると、嫌な臭いの原因となってしまうのです。そのため、1日着たスーツは休ませて、しっかりと手入れをすると良いでしょう。

 

基本のスーツ着こなし術3.スーツの色

スーツを選ぶときには色にも気をつけることで、よりスマートな着こなしができるようになります。
スマートにスーツを着こなしたいなら、ネイビーブルーのスーツがおすすめです。ネイビーブルーの濃い色は身体が引き締まって見えます。
その上、寒色系の色味で爽やかさも演出できるといえるでしょう。
また、購入のときには、スリーピースを購入しておけば、着こなしに変化をつけることも可能です。
スリーピースとは、ジャケット、ウエストコート(ベスト・ジレ)、トラウザーズ(パンツ)を同じ生地で仕立てたもののことをいいます。
着こなしに変化をつけたいときには、ウエストコートを着用するとおしゃれ度がアップします。
ウエストコートがあれば、見た目が良いだけではなく、気温などの変化に応じて着こなしを変えて快適に過ごすことができるようになるのです。
スーツを選ぶときには、スリーピースの購入も検討してみましょう。

 

基本のスーツ着こなし術4.着こなしマナー

スマートにスーツを着こなすためには、着こなしのマナーも重要なポイントです。
例えば、ジャケットのボタンは全部締めずに、1番下のボタンは外しておくようにしましょう。3つボタンの場合には、真ん中のボタンだけを締めます。そして、座るときには、ボタンを外すのがマナーです。これは、座ったときにボタンをしていることで、スーツにシワがよってしまうのを防ぐためといわれています。

続いて、スーツのポケットには、物をたくさん入れないように気をつけましょう。
ポケットに物をたくさん詰め込んでしまうと、ポケットが膨らんでしまいみっともない印象となってしまいます。さらに、ポケットのフラップは屋外では出し、屋内ではしまうように心がけましょう。この点に関しては、現代ではあまりに気にすることもありません。
しかし、マナーとして知っておくと、フォーマルな場で大人の振る舞いができるようになります。

 

スーツのスマートな着こなしは基本が大事!

スーツをスマートに着こなしたいなら、着こなしの基本を押さえておくことが大切です。特に、身だしなみや着こなしのマナーについては、今すぐにでも実践することができる内容といえるでしょう。自分が普段どのようなスーツの着こなしをしているのかを振り返ってみて、基本に忠実なスーツの着こなしを目指しましょう。

 

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH